村田諒太、走り込み合宿「最大級に追い込まれています」10月に世界戦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/18
No image

走り込み合宿を公開した村田諒太

「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(10月22日、両国国技館)

王者アッサン・エンダム(フランス)との再戦が決まった同級1位の村田諒太(帝拳)が11日、成田市内のゴルフ場で走り込み合宿を公開した。

6日から始まった合宿は早朝5時からの10キロ走、午後4時からのインターバル走の2部構成。村田が「1000メートルのダッシュもあるし、アップダウンがあるので何回もギアを入れなければならない。ボクシング史上、最大級に追い込まれています」というほどのハードメニュー。だが、目的が明確だけに「その意識があるので耐えられる。これを乗り越えれば自信を持ってスパーリングに臨める」と言う。

中村正彦コンディショニングコーチは「前のキャンプで勝てなかったのだからもっとやるしかない」と、メニューはそのままながら、量と強度を3割増にして鍛え上げる。エンダムの打たれ強さをしのぐスタミナ作りがテーマの一つで「10キロ走るのはボクシングのスタミナではないけど、体のベースの強化になる」と意識は高い。

エンダムとの再戦は、とらえ方が変わったと自覚する。「前回は『村田って本当に強いの?』という目も多かったと思う。だけど今回は『勝ってくれるんでしょ』というプレッシャーがある。試合に向けてメンタルの作り方が課題になる」と、やるべきことは分かっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ウルティモが30周年大会で“トランプ支持者”アドニスを退治
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
竹原慎二、山中選手へのタオル投入に納得できず「レフリーは目を見て判断」
松本人志「タオルは愛情」山中TKO負けで私見「やむなしかな」
トミーズ雅、山中世界戦のタオル投入に理解「全部分かって止めてる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加