“薬師寺保栄の秘蔵っ子”森武蔵が2回KO勝利でMVP 新人王西軍代表決定戦

“薬師寺保栄の秘蔵っ子”森武蔵が2回KO勝利でMVP 新人王西軍代表決定戦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/18
No image

2回KO勝利でMVPに輝いた森武蔵(薬師寺)

「ボクシング・全日本新人王西軍代表決定戦」(12日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)

全12階級中9階級(3階級は不戦勝)が行われ、全階級で西軍代表が決定した。スーパーフェザー級で2回KO勝ちした森武蔵(17)=薬師寺=がMVPに輝いた。技能賞は安達陸虎(井岡弘樹)、敢闘賞はマーカス・スミス(平仲BS)。各階級の代表は12月23日に東京・後楽園ホールで行われる全日本新人王決定戦に出場する。

衝撃度十分のKO劇だった。“薬師寺保栄の秘蔵っ子”弱冠17歳の森が、木村テミン(グリーンツダ)との無敗対決を制した。2回に強烈な左ストレートを一閃。「1ラウンドからパンチは見えていました。狙ったら当たるかなと思って、ボディーにいくふりをしてストレートにつなげた」と冷静に振り返った。

熊本県出身で幼稚園の年長から空手を始め、小学5年からボクシングに転向。11、14年にU-15大会で優勝するなどアマでキャリアを積んだ。知人を通じて元WBC世界バンタム級王者の薬師寺保栄氏と知り合い、15年3月の中学卒業翌日に単身名古屋へ移って薬師寺ジムに入門したという。薬師寺会長の存在について「ジムのボスという感じですが、言いたいことも言えるし、世界の舞台に立っている人なので試合への臨み方など聞かせてもらっています」と話す。

16年12月のプロデビューから4戦4勝4KOとしたサウスポーは「新人王にならないと1回戦負けと一緒。ボクシングを始めた時から目標は世界チャンピオンです」と大きな夢を描いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
わんこそば選手権優勝は「年功序列」で決まったのか? 「5連覇」の背景
新日本に「Mr.キモい」キャラハン降臨、キス攻撃
ジョシュアvs.ワイルダー「ボクシング夢の一戦」は実現するのか
【スポーツ】“薬師寺保栄の秘蔵っ子”“山中慎介の後輩”世界王者を夢見る逸材たち
柔道混合団体、試合順は抽選「強すぎる日本」の影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加