稀勢の里 進退懸かる大事な場所  真っすぐに「一生懸命頑張る」

稀勢の里 進退懸かる大事な場所 真っすぐに「一生懸命頑張る」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/17
No image

土俵祭りに出席する稀勢の里

「大相撲初場所」(14日初日、両国国技館)

初場所の安全を祈願する土俵祭りが13日、両国国技館で行われ、三役以上の力士らが参加した。左上腕部、腰部、左足首などの負傷で4場所連続休場中の横綱稀勢の里(31)=田子ノ浦=は「頑張るだけ。いよいよ始まる。集中していきたい」と気持ちを高めた。

昨年初場所で初優勝し、日本出身では19年ぶり横綱に昇進。相撲人生を変えた場所から1年。「一生懸命頑張る」と復活への並々ならぬ決意を込めた。

昨年12月末から連日、弟弟子の高安と30番を超える番数を重ねた。横綱昇進後は異例のぶつかり稽古も行い、毎日泥まみれ。「昔を思い出してね」と先代師匠の故鳴戸親方(元横綱隆の里)から厳しく指導された若い日々を思い原点回帰した。「ケガして良かったと思えるように」と昨年の悔しさを糧にして、はい上がるだけだ。

横綱審議委員会はまだ静観しているものの、今場所も途中休場すれば進退を問う声が上がってもおかしくない。初日に新小結貴景勝(21)=貴乃花、2日目に東前頭筆頭の北勝富士(25)=八角=と先場所、金星を配給した若手と試練の連戦。「しっかり集中することを意識して」と序盤の難敵を下し、不安を一掃したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大栄翔が得意の突き押しショー!鶴竜と2差、伏兵名乗り/初場所
稀勢の里はけがではなく精神面? 貴乃花一門は逆襲?
鶴竜「一番いい」攻め続ける取り口で単独トップ守る
照ノ富士24日から再出場 十両転落回避には5日で4勝がノルマ
鶴竜 盤石の10連勝、慢心なし「一日一日、また明日から」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加