3匹のネズミと1匹の犬の仲良しハッピーライフ!

3匹のネズミと1匹の犬の仲良しハッピーライフ!

  • カラパイア
  • 更新日:2017/08/12
No image

ネズミといえば厄介で不衛生な害獣というイメージを抱く人もおおいが、ペットとしてネズミを飼っている人であれば、彼らがとても愛らしく協調性がある、仲間想いの動物であることを知っているはずだ。

アメリカで獣医をしているウェグナーさんもそんなネズミたちの理解者の一人だ。彼女は3匹のキュートなネズミたちと1匹のマルチーズとともに暮らしている。

もともとはネズミたちだけだったのだが、新たに加わった犬を大歓迎したネズミーズ。今では仲良く一緒に昼寝をしたり毛づくろいをしあっているという。

ニューヨークでネズミと暮らす獣医

アメリカのニューヨークの動物病院で緊急獣医師をつとめるエリカ・ウェグナーさんは、愛らしいネズミをペットにしている。彼女がネズミの話をすると決まってある種の反応を示す人々がいるという。

「確かにニューヨークは野生のネズミが多く問題になっているのですが、私が誰かにその話をすると、たいてい の人は、"ネズミに悩まされてるの?"と聞き返してくるんです。」

ウェグナーさんはすぐに誤解を解く一言を付け加える。「地下鉄にいるようなネズミとは違って、とてもかしこくやさしいネズミたちなんですよ」と。

3匹のネズミたちのもとに犬のエマが加わった!

ウェグナーさんの家にいる自慢のネズミたちは、モンキー、オーピー、リンクスの3匹だ。モンキーとオーピーはかつてペットショップにいたが、もし彼女が引き取らなければ爬虫類の餌になる日を待つだけの状態だった。

リンクスはニュージャージー州で保護された無毛のネズミで、一番最後にやってきたネズミだ。そして去年、ウェグナーさんは8カ月のマルチーズ、エマを新たな一員に迎えた。

新入りのエマ

心配したけど全員が仲良しに!

エマはかつて迷い犬として動物管理施設にいたが、ウェグナーさんの診察を2日間受けたのが縁で、すぐに家に引き取った。しかし実際は、ウェグナーさんのほうがエマに選んでもらったというのが正しいようだ。

エマが最初に家に来た時、ウェグナーさんは先住ネズミたちの紹介に少々気をつかった。だが、エマはすぐになじんだという。

オーピーとエマ

エマとネズミたちはすぐに意気投合し、どんな時も離れることなく過ごすようになり、ウェグナーさんはすっかり安心した。

4匹の仲良したちは食べ物を分け合って一緒に遊ぶ。だが、彼らの一番のお気に入りは体を寄せ合って昼寝することだ。ウェグナーさんによると、みんなが固まって寝るのは特に冬が多いという。

スプーンで一緒におやつをシェア

これはエマとモンキーかな?

毛の無いリンクスがエマのもふ毛をグルーミング・・・だと!?

さらにウェグナーさんは、毛がほとんど無いリンクスがエマの毛づくろいをする光景に興味をそそられている、と告白している。

グルーミング仲間のエマとリンクス

「彼女はエマのところにきてグルーミングを始めます。私はいつも心の中で "リンクスはエマのモフ毛を理解してないんだろうなぁ"と、思ってしまいます」

2匹から目が離せない!

他の犬とも仲良くできちゃうネズミたち

しかもネズミたちが友好を築いているのはエマだけではない。驚くべきことに3匹はウェグナーさんの妹の愛犬たちとも仲良しなのだ。

ウェグナーさんの妹はニュージャージー州でグレートデーンとピットブルと暮らしている。だが、この2匹もネズミたちを傷つけたことはないという。

「前に私がその家に住んでいた時は、全員で遊んでました。私は初めにちゃんと気をつけて見てやれば、あっけないぐらい簡単に共存できると思いますよ。ネズミたちは過小評価されてますが、実はとても敏感で本当に仲良くなれるんですよ」

via:thedodo/instagramなど / translated by D/ edited by parumo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新米パパが、初めてのオムツ替えをする動画が微笑ましい!「一生分笑った」「笑い死んだ」の声
死んだ犬が生き返った!? 墓の上に飼い主を待つ犬らしき姿が現れたっていう動画がマジで不思議
せっせとタオルを運んで、お昼寝の準備をする子犬 → 「こだわりの寝床」が完成した結果...( ̆ω ̆)♡
シロフクロウとシベリアン・ハスキー、雪景色の中でいちゃこらがとまらない
怖くて入れないワン!カーペットを怖がるゴールデンレトリバー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加