見てほしくない?欽ちゃん「ドキュメンタリーじゃなくてドッキリ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

タレントの萩本欽一(76)が16日、都内で行われた「第10回したまちコメディ映画祭」で映画「We LoveTelevision?」(11月3日公開)の完成披露トークイベントを行った。

「進め!電波少年」などを手掛けた日本テレビ・土屋敏男氏が監督を務め、最初で最後のドキュメンタリー映画出演。萩本は「はっきり言って見てほしくない」と発言し、観客はびっくり。「よくわからないうちに撮ってた。死んだ時に遺言として日本テレビで流すもんだと思ってた。だから使われたら困るようなこと、死んでからなら言えるような本音を言ってる」と明かし、「ドキュメンタリーじゃなくてドッキリ」と語り、笑いを誘った。

イベント後の囲み取材で、クラブ野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の選手兼任監督を務める片岡安祐美(30)とプロ野球横浜DeNAの元投手でラーメン店店主の小林公太氏(25)の結婚について聞かれると「(プロポーズをうけて)うれしかったって言ってたんでよかったんじゃないですか」と祝福。何かかけてあげたい言葉は?と聞かれると「遅かったんじゃない。野球やってないで、早く結婚すればいいと思ってた。だから負けると『良かったね負けて。いよいよ結婚する気になるかな~』って冗談言ってたの」と語っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「新しい地図」に寄せられたSMAPファンの悲痛な叫び
aikoが安室とのプリクラを公開、芸能界に広がる“あむロス”
武井咲、連ドラ降板か...妊娠で撮影困難
木梨憲武が原因じゃなかった? スギちゃん、テレビから消えた本当の理由を激白
文句なしの完璧ボディ!Fカップ9頭身グラドル・松嶋えいみ、妖しく光るセクシービキニで朝から悩殺!「おはよう!朝から刺激がぁ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加