少し角張った形?「はやぶさ2」目的地の小惑星

少し角張った形?「はやぶさ2」目的地の小惑星

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/06/15
No image

動画を見る(元記事へ)

2014年に打ち上げられた探査機「はやぶさ2」の目的地である小惑星「リュウグウ」の形が少し角張っている可能性が出てきました。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)・吉川真ミッションマネージャ:「形はそんなに細長くはない。これは予想された通り。お団子形というよりは少し角張っているような気もします」
JAXAは、はやぶさ2に搭載したカメラで13日に約920キロ離れた位置からリュウグウを撮影しました。リュウグウは望遠鏡などの観測では、ほぼ球体と推定されていますが、少し角張った小惑星の可能性が出てきたということです。今後も観測を続け、リュウグウの形は来週中には判明する見通しです。はやぶさ2は、27日をめどにリュウグウ付近に到着する予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リンちゃん事件初公判、被告がまさかの両親批判
2020年の祝日が大移動?「東京だけでやれよ!」と不満の声が続出
自殺していた“主犯格”の男 ナゾに満ちたその素顔
舗装工事中の道路で居眠り中の犬、アスファルトに埋められロードローラーでひかれる

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加