ついにやりやがったな ドアをぶち破るという脱出ゲームのタブーを犯した「屈強な男の脱出」

ついにやりやがったな ドアをぶち破るという脱出ゲームのタブーを犯した「屈強な男の脱出」

  • ねとらぼ
  • 更新日:2018/01/14
No image

スマートフォン用脱出ゲームアプリ「屈強な男の脱出」(iOSAndroid)が、開幕からタブーを犯す最高に脳筋な展開で話題を集めています。誰もが一度は思った禁断の攻略法がついに実現。

脱出ゲームの主人公らしからぬ屈強な男

ある日、目が覚めると見知らぬ部屋に閉じ込められていたという、脱出ゲームに有りがちな展開で始まる同作。しかし、1つだけ普通のゲームと違うのは、閉じ込められたのが筋肉ムキムキで屈強な男だったということ。どう見ても体重100キロ以上はありそうですが、どうやってここまで運ばれてきたのでしょうか。

No image

始まりはよくある感じ

そしていきなり「鍵を探す」と「ぶち破る」という不穏な2択が出現。いやいやまさかな……と思いながらとりあえず「ぶち破る」を選択してみました。突如大きく振りかぶる屈強な男! 繰り出される圧倒的な威力の拳! 轟音を上げて吹き飛ぶドア! CLEARの文字とともに部屋から駆け出していく! やりました! 脱出成功です! ゲームクリア本当におめでとう!!

No image

まさか?

No image

ドゴォ

No image

終わった……

高難易度な脱出ゲームをやっていると、「もうドアぶち破りたい」と思うことが多々ありますが、ついにその願いがかなえられた瞬間です。実際、最初にこの一連の流れを見たときはちょっとスッキリしました。素晴らしいカタルシス。やはり筋肉は正義だったのです。

というとんでもない出オチを見せてくれるわけですが、果たして本当にこれだけで終わりなのでしょうか。続きは実際にインストールして、自分の目で確かめてみてくれ!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事
着実に人気を集めて支持を広げるドイツ生まれのボードゲーム「ユーロゲーム」の魅力とは?
相手の駒を取るたび酒を飲む! ショットグラスをチェスの駒代わりにした「グラスチェス」にお酒好きが大注目
「デュワ!」と叫びたい ウルトラセブンのアイスラッガーの実物大1/1レプリカ発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加