米サイト選出「孤独を描いた傑作映画20本」

米サイト選出「孤独を描いた傑作映画20本」

  • 映画.com
  • 更新日:2016/11/30
No image

「her 世界でひとつの彼女」の一場面 Photo courtesy of Warner Bros. Pictures

米サイトTaste of Cinemaが、「孤独を描いた傑作映画20本」をピックアップした。

孤独な主人公を描いた映画は数多い。ひと口に孤独と言っても種類があり、大きく分けると物理的な孤独と心理的な孤独がある。このリストの中では、ひとり無人島に漂着した男(トム・ハンクス)を描いた「キャスト・アウェイ」や、アラスカの荒野に単身で入った青年(エミール・ハーシュ)が主人公の「イントゥ・ザ・ワイルド」などは物理的な孤独が中心の作品と言っていいだろう。

20本は以下の通り(製作年度順)。

▽「野いちご」(1957)
▽「赤い砂漠」(1964)
▽「反撥」(1965)
▽「サムライ(1967)
▽「サイレント・ランニング」(1972)
▽「惑星ソラリス」(1972)
▽「タクシードライバー」(1976)
▽「パリ、テキサス」(1984)
▽「ベルリン・天使の詩」(1987)
▽「ネイキッド」(1993)
▽「トリコロール 青の愛」(1993)
▽「恋する惑星」(1994)
▽「リービング・ラスベガス」(1995)
▽「キャスト・アウェイ」(2000)
▽「ロスト・イン・トランスレーション」(2003)
▽「春夏秋冬そして春」(2003)
▽「マシニスト」(2004)
▽「イントゥ・ザ・ワイルド」(2007)
▽「メアリー&マックス」(2008)
▽「her 世界でひとつの彼女」(2013)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり
第1回東京コミコン、フラッシュやターミネーターにアメコミ界の神も降臨!
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
「映画や小説のストーリーは全て同じルールに従っている」理論
【超高額バイト】バイオハザードが『日給8万1000円』のゾンビ警備員を募集しているぞーッ! 仕事も報酬もオイシすぎる!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加