与党を助けているのは、実は万年野党?!「国会という茶番劇」に、国民は飽き飽きしている

与党を助けているのは、実は万年野党?!「国会という茶番劇」に、国民は飽き飽きしている

  • アゴラ
  • 更新日:2019/08/24

こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

昨夜、沖縄から東京に帰ってきました。あっという間の日程でしたが、政治活動に加えて家族の時間も取れたので良かったです。

本日からまた地域周り・調査活動を本格化していきたいと思います。

さて、移動中の飛行機では過日に発売された足立康史代議士の新刊を読了しました。

document.write("

国会という茶番劇 - 維新が拓く日本の新しい政治 - (ワニブックスPLUS新書)

")

ご自身が前書き等で「国会の暴言王というイメージと違った一面を見てほしい(要旨)」と書いている通り、温和な文体(?!)で政策や政局について書かれた、文章は平易ながら骨太な内容です。

特に「守るべきもの」「変えるべきもの」という視点から皇室問題や日本の社会保障を論じ、また「三都物語(福島・大阪・沖縄)」という切り口から日本のあるべき姿を考察していく点は私自身も非常に勉強になりました。

「政局」という点では、本書で繰り返し述べられているのは「だらしのない野党が、与党を延命させる手助けをしている」ということ。

離合集散や野合を繰り返している野党は、本音のところでは政権を奪取する気などなく、国民に失望を与え続けており、それが与党を利することになっている…と。

政権を奪取する気がないのかどうかはわかりませんが、確かに今の野党の不甲斐なさ・迷走具合については衆目の一致するところです。

原発ゼロ否定は「合意違反」=国民幹部発言に不快感-枝野立憲代表

まさにいま現在も、国民民主党と立憲民主党が会派統一を巡ってバタバタ劇を演じています。

せっかく「あまりにもごちゃごちゃ過ぎてまとまらなかった」民主党が、希望の党という悲劇(喜劇?)を経て、保守系と左派系に概ね分離したというのに、また「先祖返り」することに有権者の失望は増すばかりでしょう。

個人的には、玉木代表率いる国民民主党は穏健な中道改革政党となる可能性があっただけに非常に残念です。

共産党まで含めた「政策一致なき数合わせ」では、大きな敵失がない限り与党に勝てないことは、今回の参院選の結果を見ても明らかです。

「今回の参院選の結果を衆院選に当てはめれば、与党は苦戦する云々」

という分析も散見されましたが、結局「与党を苦戦させられればいい」「そこそこの議席が確保できて、自分たちが延命できれば良い」という姿勢を、有権者に見透かされているのだと思います。

ただ「打倒自民」を叫ぶだけの政権交代は、悪夢の民主党政権によって有権者は懲り懲りしているのです。

だからこそ、独自路線を貫こうとした立憲民主党の当初の姿勢だけは正しかったと思いますが、左旋回した挙げ句れいわ新選組にお株を奪われ、結局は先祖返りをしてしまった野党第一党や枝野代表にも失望を禁じえません。

こうした政治状況下の中で、まだまだ国政では小さな勢力ながら、野党になりきらない「ゆ党(よ党とや党の間)」と揶揄されながら、確実に勢力を伸ばしてきた維新の役割は大きいと改めて痛感するところです。

ぜひ本書の内容とともに、我々の今後の活動にもご注目いただければ幸いです。

それでは、また明日。

編集部より:この記事は、参議院議員、音喜多駿氏(東京選挙区、日本維新の会、地域政党あたらしい党代表)のブログ2019年8月23日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は音喜多駿ブログをご覧ください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安住氏ら4人、立憲民主党入り調整
統一教会と関係の深い議員が多数入閣。その一人、菅原一秀の経産相抜擢に見る、「菅政権」への布石
橋下徹「小泉大臣は言うだけを卒業してほしい」
ふるさと納税から返礼品が消える? マスコミ論調と総務省の苦悩
小泉進次郎氏 回答がポエム?「何言ってるかわからない」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加