海老一染之助さん 逝く 兄・染太郎さん待つ天国へ 正月の風物詩・傘回し永遠に

海老一染之助さん 逝く 兄・染太郎さん待つ天国へ 正月の風物詩・傘回し永遠に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/12/07
No image

海老一染之助さん(右)と染太郎さん

伝統芸能「太神楽(だいかぐら)」の曲芸師、海老一染之助(本名・村井正親)さんが6日午前11時31分、肺炎のため東京都杉並区の病院で亡くなった。83歳。東京都出身。葬儀・告別式や喪主は未定。

2002年に死去した兄・染太郎さんとともに、新年を華やかに彩ってきた染之助さんが、年越しを待たずに旅立った。1946年に初舞台を踏んだ2人は、東京・新宿の末広亭など寄席から人気に火がついた。染之助さんが和傘の上でまりを回し、その横で染太郎さんが「おめでとうございま~す」「いつもより余計に回しております!!」などとはやす芸は、正月番組の風物詩でもあった。「弟は肉体労働、兄は頭脳労働、これでギャラは同じ」が決まり文句。お茶の間の人気者だった。

確執もうわさされた兄弟だったが、染太郎さんが亡くなった際、染之助さんは「兄弟愛で励まし合ってきた。寂しい」と消沈。葬儀では、号泣しながら「おめでとうございまーす!」と絶叫し、芸人魂を天国に届けた。

デイリースポーツの取材に応じた三男で、テレビ東京報道局次長兼ニュースセンター長の村井正信氏(50)によると、染之助さんは1週間前に肺炎で入院。この日、容体が急変したため、誰もみとることができなかったという。

「体を使う芸なので、70代の後半からは事実上のリタイア、店じまいでした。ここ数年は年齢からくるガタで体調が優れず、入退院していた」と明かした。前日には妻が病室を訪れていたが、いつもと違った様子はなかったという。晩年は個人でマネジメントをしており、お別れの会などの開催は未定という。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
もう一緒の写真は公開しないで! 安藤美姫、破局発覚に「娘がかわいそう」の声
みやぞん、現場での悪評...挨拶せずタバコふかす、共演者に愛想なし
呼吸停止の息子を連れて緊急外来に行った母、「順番を待って」と言われ愕然(英)
9歳の少年がわかりやすく語る「自閉症について」
“日本一かわいい女子高生”候補の8人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加