【参加者募集】DIME×Startup Hub Tokyo Business Lounge vol.3「個人で始める働き方改革!起業を目指す人のためのショートカット仕事術」

【参加者募集】DIME×Startup Hub Tokyo Business Lounge vol.3「個人で始める働き方改革!起業を目指す人のためのショートカット仕事術」

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/14

DIMEではデキるビジネスパーソンを目指す人たちのために、様々なテーマで、仕事にプライベートに役立つスキルアップ講座「Business Lounge」を開催しています。今年、丸の内に開設された起業家支援施設『Startup Hub Tokyo』とともに、起業や独立を考えているビジネスパーソンに向けたビジネスセミナーを開催します!

第3回は「個人で始める働き方改革!起業を目指す人のためのショートカット仕事術」。日本マイクロソフトの執行役員を務めた後、今年、ワークスタイル変革のコンサルティング会社を起業し、現在、アグリゲーターとして、複数の企業のプロジェクトに参画し、ビジネスを成長させる働き方変革の実現に向けて尽力している(株)クロスリバー代表の越川慎司さんをゲストに招いて、トークセッションを行ないます。

起業を目指すビジネスパーソンにとって「働き方改革」は必須要件。では、起業した後、どのような心構えで、どのように効率よく仕事を進めたらよいのか。どのようにタイムマネジメントをし、タスクを管理し、ビジネスパートナーとコミュニケーションをとっていけばよいのか。大手企業から独立起業し、世界を舞台に活躍する越川さんを講師役に招き、より実践的なお話をしていただきます。

起業を考えている方はもちろん、ビジネススキルを上げたい方は、ぜひ奮ってご応募ください。

■『Startup Hub Tokyo』とは?

No image

今年1月より東京・丸の内に開設された起業家支援施設。東京都が「東京都長期ビジョン」の都市戦略や政策指針の事業の一環として開設する「TOKYO創業ステーション」の1階にオープン。起業に向けて初めの一歩を踏み出すための支援拠点として、起業を潜在的に希望している、または起業を準備している人への的確な情報や、直面する課題に関する相談など、さまざまなサービスを提供しています。

No image
No image

【イベント概要】
DIME×Startup Hub Tokyo Business Lounge Vol.3
「起業を目指す人のためのショートカット仕事術」

■開催日時:2017年12月6日(水)開場18:30 開演19:00 20時30分頃終了予定
※イベント終了後には参加者による交流会も予定しています。

■会場:Startup Hub Tokyo
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
明治安田生命ビル TOKYO創業ステーション1F
https://startuphub.tokyo/access

■参加費:無料

■定員:60名 ※応募者多数の場合は抽選となります。

■ゲスト:(株)クロスリバー 越川慎司 代表取締役社長

No image

国内大手通信会社、外資系通信会社に勤務、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフトに入社。業務執行役員としてOfficeビジネスの責任者を務めた後、2017年1月にワークスタイル変革のコンサルティング会社 株式会社クロスリバーを起業。現在、アグリゲーターとして、複数の企業のプロジェクトに参画し、ビジネスを成長させる働き方変革の実現に向けて尽力している。著書『新しい働き方〜幸せと成果を両立するモダンワークスタイルのすすめ〜』(2016年11月刊行)はベストセラーとなっている。

■応募の締め切り:2017年11月29日(水)17:00まで

<応募はコチラ>

https://ml.webshogakukan.com/dime/enquete/event_201711.do

※当選者の発送は招待状の発送(メール)をもってかえさせていただきます。
※当選の権利を他人に譲渡することはできません。
※ご記入いただいた個人情報は、招待状を発送するため、また発送に必要な情報の確認のために利用し、その他の目的では利用いたしません。
※イベント当日はDIME含め、メディアの取材・撮影が入る予定ですのでご了承ください。

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加