最新ランキングをチェックしよう
犬に「伝わりやすい言葉」と「伝わりにくい言葉」の違いとは?

犬に「伝わりやすい言葉」と「伝わりにくい言葉」の違いとは?

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2018/07/15

犬に伝わりやすい言葉

犬のしつけには英語のコマンドが良いと聞きますが、言葉が短いため、犬が覚えやすいとされているからです。

また、英語のコマンドは統一することができるという利点もあります。たとえば、「Wait」は「待て」「待てよ」「待てだよ」など、人間の感情によって言い回しが違ってしまうことがあります。

なかなか言うことを聞いてくれないとき、ついつい「待ちなさい!」と感情的に言ってしま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
しつこいNHK受信料徴収員を一発で撃退できる“魔法の一言”が流出! 民放キー局社員が激白「そそくさと帰り、その後も来ない」
【ホテルについての日本人の特性】世界で一番「●●を隠さない」日本人
平日にラブホテルを30分だけ使う、即行カップルが急増したワケ
淫らに漂う不倫妻の色気。“純愛”を掲げる女を現実に引き戻した、夫の衝撃の告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加