最新ランキングをチェックしよう
犬に「伝わりやすい言葉」と「伝わりにくい言葉」の違いとは?

犬に「伝わりやすい言葉」と「伝わりにくい言葉」の違いとは?

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2018/07/15

犬に伝わりやすい言葉

犬のしつけには英語のコマンドが良いと聞きますが、言葉が短いため、犬が覚えやすいとされているからです。

また、英語のコマンドは統一することができるという利点もあります。たとえば、「Wait」は「待て」「待てよ」「待てだよ」など、人間の感情によって言い回しが違ってしまうことがあります。

なかなか言うことを聞いてくれないとき、ついつい「待ちなさい!」と感情的に言ってしま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
気づいたらお金が貯まる、魔法の生活習慣!
勢いで「フリーランス」になるバカの末路
ガチだった。高級ブランド、イヴ・サンローランが息子スティック型ジュエリーを販売中
「元カレの“調教”が忘れられない」「とにかく回数が多い」夫婦の赤裸々セックス事情
「ハワイのストライキ」最新情報37日目に突入です。JTBは顧客に通知、終息の目途立たず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加