最新ランキングをチェックしよう
犬に「伝わりやすい言葉」と「伝わりにくい言葉」の違いとは?

犬に「伝わりやすい言葉」と「伝わりにくい言葉」の違いとは?

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2018/07/15

犬に伝わりやすい言葉

犬のしつけには英語のコマンドが良いと聞きますが、言葉が短いため、犬が覚えやすいとされているからです。

また、英語のコマンドは統一することができるという利点もあります。たとえば、「Wait」は「待て」「待てよ」「待てだよ」など、人間の感情によって言い回しが違ってしまうことがあります。

なかなか言うことを聞いてくれないとき、ついつい「待ちなさい!」と感情的に言ってしま

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
彼氏の家で見つけた「浮気確定アイテム」
NHK、「はやぶさ2」着陸をほぼリアルタイムで映像化してライブ配信
けしからん!性的過ぎる『パトレンジャー』ヒロイン写真集が問題に
ナイキ、イメージダウンの払拭図る スター選手のバスケシューズ崩壊
巨大ダイオウイカ 島根に漂着、大きすぎて測れず・・・水族館へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加