ミドル最強戦の疑惑のドロー判定を巡り議論「奇妙」「酷い判定で試合破滅」

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/09/19
No image

アルバレスと統一王者ゴロフキンのミドル級最強戦は、疑惑の判定ドローとなり、世界中で議論が噴出している。(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ボクシングの3団体統一の世界ミドル統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(35、カザフスタン)が16日(日本時間17日)、米ラスベガスで、元2階級王者、サウル“カネロ”アルバレス(27、メキシコ)と“ミドル最強戦”を争い、三者三様のドロー判定で、ゴロフキンが王座を防衛した。ダウンシーンや明確なクリーンヒットのない試合で、女性ジャッジであるアドレイド・バードが「118-110」でカネロ、デーブ・モレッティが「115-113」でゴロフキン、ドン・トレーラが「114-114」のドロー判定をつけたが、このバードの判定を巡って海外メディアの間で早くも議論が起きている。

英ガーディアン紙は「ゴロフキンとアルバレスの引き分けは議論を起こしている」という見出しで報じた。

同紙は、「世界でベストの2人のファイターは、今も2人のベストファイターのままだ。ゴロフキンとアルバレスとの12ラウンドは論争を起こすものではなかったはずだが、スコアカードは奇妙なものだった」と、このバードの判定に疑念を提起した。

「エキセントリックなバードは明らかに接戦であったファイトであるのに、メキシコのアルバレスに118-110とし、モレッティはこれよりは賢明に115-113とした。トレーラは正当だと理由づけるのに十分な証明であるかのように114-114の引き分けとした」と、3人の判定結果を分析。さらに「ネバダ州の経験ある判定者であるはずのバードのスコアを容認することはできない。彼女は調子が悪かったのかもしれないが、スポーツにとってはひどい夜だった」と続けた。

三者三様ドローの判定で統一王者のゴロフキンは世界主要3団体のタイトルを守ることになったが、ガーディアン紙は、「Tモービルアリーナの22,358人の観衆は決定的な答えが欲しかった。ミドルウエイトで最も強いのは誰なのかを」と伝え、記事を書いたケビン・ミッチェル記者は「ガーディアンの記者席からは、その答えはゴロフキンだった。その差は大きくない。いくつかのラウンドはかなりの接戦で判定をするのは難しいものだった」と、ゴロフキンの勝ちを主張した。

もっとも権威のある米国のボクシング専門誌で、その認定ベルトをアルバレスに与えている「ザ・リング」の電子版は、「ひどいスコアカードで素晴らしいファイトを破滅させるな」という見出しで報じた。
「この試合のスコアカードは、結果を反映したものではない。我々はバードがペンを走らせて誰かの将来を台無しにすることがないよう、怒らなければいけない」と厳しくバードの採点を批判した。

記事はこの日の対戦については「ボクシングのファイトはこのようにあるべきだ」と称賛したうえで、「よいニュースは、この2人は再び戦うことになりそうで、我々はまた36分間のバイオレンスを見ることができる
」と、再戦の可能性が生まれていることを伝え、「アダレイド・バードがリングサイドにいない限り、1000フィート以内にいない限り、我々は満足するに違いない」と、皮肉を込めて再戦への期待をつづった。

米スポーツイラストレイテッド誌も「ボクシングジャッジのアダレイド・バードは、予想外の結果をつけた過去がある」というタイトルで、アルバレスの118-110とした判定を批判した。

同誌は、「彼女のスコアカードによると、ゴロフキンは第4ラウンドと第7ラウンドしか勝っていない。多くの人は意見が合わず、第3ラウンド以降は、ゴロフキンが大方、勝っていたと信じている」と説明した。
同誌はバードが、今年5月に行われたアルバレス対チャベス・ジュニアの対戦でも、アルバレスを120-108のフルマーク採点で支持していたことを指摘、さらに、昨年11月に行われたロマチェンコ対ウォルターズの、WBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチの前には、3人のジャッジからバードを外してくれるようプロモーター側が要請した事実があったことを伝えた。

その際、バードをジャッジメンバーから外してくれるように求めたボクシングオペレーションズのモレッティ氏は、同誌に「何人かのジャッジは調子の良いときと悪いときがある。しかし、彼女の調子が悪いときはスコアからかけ離れてしまうのだ」と、その理由について語った。

またESPNでは、同局のベテランコメンテーターであるテディ・アトラスが、この一戦がジャッジの手にあり、議論を起こす結果になる可能性のあることを、この一週間予測してきたことを伝えた。
そして、バードをジャッジに起用した背景にビジネスの側面があることを指摘した。

「お金を追いかけているんだ。ボクシングが賞賛するべきものを尊重できていない。お金や権力を称えているだけだ。特定の力のあるブローカー、特定のプロモータだけが力を持っている。彼らは、誰がジャッジするのか、誰がジャッジしないのかをコントロールしている。再戦されれば、ここラスベガスにお金がやってくる。一週間、ここに立って議論を起こした結果だと言うのは、私には堪らない」

世紀の一戦が疑惑のドローとなったことは世界中のボクシングファンに失望感を与えたが、アトラス氏が指摘するように、それが再戦に向けての布石であるなら、なおさら不可思議だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2017年“最高の11人”は誰に? FIFProワールドイレブン候補55選手を発表
ネイ カバー二の放出を要求
レアル、ベンゼマと2021年まで契約延長...売却検討の報道を一蹴
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
上海上港のビラス=ボアス監督が来季欧州帰還か PSGの後任候補筆頭に浮上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加