オリが西武に勝ち越し 吉田正が菊池から決勝打、平野は復帰戦で20セーブ目

オリが西武に勝ち越し 吉田正が菊池から決勝打、平野は復帰戦で20セーブ目

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/10
No image

オリックス・安達了一【写真:(C)PLM】

西武浅村&オリ小谷野らが守備で美技、吉田正が決着つけるタイムリー

オリックスは10日、本拠地での西武戦に4-2で勝利した。同点で迎えた8回に吉田正が西武菊池から決勝タイムリー。9回は、この日1軍復帰した守護神・平野が抑え、約1か月ぶりのセーブをマークした。

オリックスは初回、マレーロが菊池から先制弾。しかし、西武も2回に栗山のタイムリーで同点に追いつく。3回には安達が左中間への勝ち越しソロを放ったが、8回には浅村が左中間への同点弾を放ち、試合を振り出しに戻した。

西武菊池は8回もマウンドへ。すると、オリックスは1死一、二塁の好機を作る。ここでT-岡田は空振り三振に倒れるも、続く吉田正がレフトオーバーの2点タイムリーツーベース。大きな勝ち越し点をもぎ取った。

9回は厳しい場面で復帰登板となった平野が無失点に抑えて20セーブ目を挙げ、西武に勝ち越し。西武浅村、オリックス小谷野らに守備好プレーが飛び出し、接戦で進んだゲームをオリックスが制した。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山本昌氏が「レギュラーを獲っても不思議ではない」と話した選手は?
広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
甲子園に衝撃を与えた阪口皓亮(北海)。野球人生を変える58球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加