鶴瓶×ももクロ VS カンテレアナウンサー陣が笑いを競い合う

鶴瓶×ももクロ VS カンテレアナウンサー陣が笑いを競い合う

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/09/15
No image

9月15日深夜放送、『桃色つるべ VSカンテレアナウンサー60分SP~地味やけど今日だけは全力投球~』カンテレ・アナウンサーがほぼ全員出演(C)関西テレビ

関西テレビで放送中の笑福亭鶴瓶とももいろクローバーZのトーク番組『桃色つるべ』(毎週金曜 深1:25~1:55※関西ローカル)に、主なカンテレアナウンサー陣が登場する。きょう15日の『桃色つるべ VSカンテレアナウンサー60分SP~地味やけど今日だけは全力投球~』(深1:25~2:25)と、22日(深2:20~2:50)の“延長線”と、2週連続放送。

【写真】カンテレ“初”女子アナカレンダー 猫との“癒やし”写真

いつもの倍の60分スペシャルでは、ももクロメンバーの黄色・玉井詩織とピンク・佐々木彩夏がMCに挑戦する。東京と大阪の両方のアナウンサーをよく知るお笑いコンビ・サバンナもトークゲストとして参加。アナウンス部長ですら、とにかく地味(?)と気にするカンテレアナウンサーのベテランから新人までほぼ全員の20人が、知られざるプライベートから互いの不満まで、ぶっちゃけ話を繰り広げる。

お気まりの「NG・ハプニング集」のコーナーでは、夕方ニュース『報道ランナー』キャスターの中島めぐみアナが道頓堀川に落ちる映像が流れ、失敗するも、かわいいシーンとなってしまう展開に、夫であり、同僚でもある林弘典アナも隣でにやけ顔。また、元祖ママアナウンサーでベテランの関純子アナが、北斗晶に「○ス!」と言ってしまった大失態、最年長の毛利八郎アナが言う「昔のテレビは、ゆるかった」ことを証明する秘蔵映像の連続に、スタジオは大爆笑の連続。

「あのアナウンサー、実はこんな人」のコーナーでは、同じ職場で働くからこそ知る、互いのプライベートや衝撃の素顔をぶちまけ、仲間であり、ライバルでもあるアナウンサー同士の厳しい関係性が浮き彫りに。

女子アナではおしゃれ番長的存在の村西利恵アナが、関アナのブログを見た際、「今日息子に○○が生えました!」とアナウンサーらしからぬ衝撃の内容があったことを告白。奔放天然キャラの関アナには、他の若手女子アナからも苦情が殺到。入社3年目で最年少女子アナの竹上萌奈アナからもメイクに関して厳しい一言が浴びせられる。

女子アナよりメイク時間が長いという岡安譲アナは、その美意識の高さから目に“あること”をしていることを告白。また、「三度の飯より、エアロビが好き!」と公言し、遠路はるばる“エアロビ”に参加するため各地を巡っているエピソードに、ももクロメンバーもドン引き。とこrが、本人はひるむことなく、スタジオで生“エアロビ”を披露する。

『よ~いドン!』レギュラーで男性人気抜群の高橋真理恵アナは、坂元龍斗アナ曰く「ぶりっ子自撮り写真をSNSにあげている」と、その証拠を暴露される。アラフォーで独身である先輩の杉本なつみアナからは「(高橋アナ)の結婚報告が上から目線だった…」と指摘され、高橋アナがタジタジになる一幕も。その杉本アナは「今年の目標は寿退社」と自虐的な発言を放ち、堂々と後輩に切り込む姿は潔いくらいだった。若手も負けてはおらず、竹上アナは「自分に正直に生きていきたい!」と多方面に毒を吐き続ける。暴走する部下たちを見て、上司である大橋雄介アナは苦笑いするばかりだった。

竹上アナとは37歳も年が離れ、鶴瓶も昔からよく知る、最年長の毛利八郎アナも負けじと「個人的に170センチ以上の子が好き」と衝撃の告白。彼がアナウンス部長だった当時、女性アナウンサーは、長身の子ばかりが採用されていた(?)という疑惑も浮上する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
水原希子のテレビ出演にインスタ...全てに非難殺到
【速報】安室奈美恵が突如引退発表した理由
「安室ちゃんを利用するな」 ユッキーナの「泣き動画」が大炎上
【なぜ?】現在、急激に「なか卯」人気が上昇しているたった1つの理由 / ネットの声「なか卯いかなきゃ」「シャドバはなか卯を見習え」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加