『PUBG』はゲームではなくサービス―生みの親が海外メディアに語る

『PUBG』はゲームではなくサービス―生みの親が海外メディアに語る

  • Game Spark
  • 更新日:2017/08/11
No image

『PUBG』はゲームではなくサービス―生みの親が海外メディアに語る

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』で知られるBrendan Greene氏は、Game Informer誌の最新9月号にて、今後の動向を語っています。

Greene氏は、「サバイバルゲームを作りたいと思っていました。オリジナル版『DayZ』(ARMA2用Mod)とスタンドアロン版『DayZ』を愛していますが、サバイバルゲームのアイデアを持っているし、自分が遊びたいと思うようなゲームを作りたいんです」と語りました。同氏によれば、それがバトルロワイヤルゲームを作った理由であり、次回作は、皆がプレイしたいゲームであることを望んでいるそうです。

また、現在大ヒットしている『PUBG』にも言及。週間/月間アップデートや新コンテンツの導入が継続的に行われている本作ですが、Greene氏は「私たちはゲームを作っているわけではなく、これをサービスとして作っているので、今後5年/10年間にわたって改善していくことを望んでいます」と話しました。

現時点でも2つの新マップや、キャラクターアニメーションが制作中の『PUBG』。Xbox版の制作も正式に決定しており、今後も作品世界は広がっていくかもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ほぼ日手帳2018』全79種類が9月1日より発売開始!
【GC 2017】けもの系オープンワールドアクションRPG『BIOMUTANT』発表!
国内初のガンプラ総合施設『THE GUNDAM BASE TOKYO』が「ダイバーシティ東京 プラザ」にオープン!
ナムコ、イオンモール神戸南にVR体験施設「VR ZONE Portal」オープン
“ミニスーファミ”国内版の続報&詳細仕様まとめ。新たな機能も公開!予約受付は9月中旬から

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加