救難・救助活動や監視の現場に! Parrotがサーマルカメラ搭載のドローン発表

救難・救助活動や監視の現場に! Parrotがサーマルカメラ搭載のドローン発表

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/05/08
No image

フランスのドローンメーカーParrotが折りたたみ式の「Anafi」を発表したのは昨年6月。それから1年もたたずして、今度はサーマルカメラを搭載した「Anafi Thermal」を発表した。

セキュリティや、救難救助活動、建設といった分野での活用を想定している。発売は5月。

・熱の漏れもチェック

No image

サーマルカメラは、暗い状況でも普通のカメラより画像を鮮明に生成できることができ、また熱の分布もとらえられるのが特徴だ。

Parrotによると、Anafi ThermalにはFlir社のLeptonセンサーが搭載され、上空からの暗い場所での監視や、行方不明者の捜索などの場で活躍するとのこと。また、建設や建築分野では、熱が漏れている箇所の特定などにも使えるとしている。

・4K HDRカメラ搭載

No image

もちろんAnafi Thermalにはスタンダードのカメラも備わっている。21メガピクセルのセンサーや3倍デジタルズームを備えた4K HDRカメラだ。

一方、プロフェッショナルの現場で使うときに気になるのがバッテリーの持ちだが、Anafi Thermalは現行モデルよりも航続時間が若干のびて26分となった。もちろん救助活動などにおいての26分は短い。そこでAnafi Thermalのパッケージにはスペアのバッテリー2つが付いてくる。

プロフェッショナル向けだけあって、価格は大幅にアップしている。Anafiが700ドル(約7万8000円)なのに対し、Anafi Thermalはそれよりも1200ドル高い1900ドル(約21万3000円)となっている。

プロ向けのサーマルカメラ搭載ドローン分野は現在DJIの独断場だが、ここをAnafi Thermalが切り崩すことになるのか、注目が集まる。

Parrot

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
グーグル取引一部停止に ファーウェイが声明発表
自動テキスト化もOK!文字起こしに便利なICレコーダーやスマホアプリはコレ
6,000円の新型「Amazon Fire 7」出た。しかも、Alexa対応! いいんですか、そんなに!
東京オリンピックで活躍する特製カメラ ゲッティが披露
手のひらサイズの「ゲームキューブクラシック」を自作してしまった猛者が登場、もちろん実際にプレイすることも可能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加