侍打線6番、西武外崎2適時打

侍打線6番、西武外崎2適時打

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/11/14

■貴重なつなぎ役

侍打線にトノさまが効いている。2戦続けて6番で先発した外崎(とのさき)が2適時打など内容ある打席を重ねた。

まず2回1死一塁、追い込まれて「最悪、二ゴロか一ゴロ」の意識で右中間へ先制三塁打を放った。エンドランのサインが出た4回無死一塁は、必死の捕ゴロの間に走者を進める最低限の仕事。8回は上林の二盗で無死二塁となり、サインが右打ちに変わると「打ちたい形で打てた」と右前適時打で大勝を導いた。

「粘りも勝負強さもある」とうなった稲葉監督は「6番も非常にキーポイント」とまで言った。4番山川ら打力自慢の主軸トリオを背後で支える仕事人。1戦目は左翼、この2戦目は二、三塁と小回りが利いて、布陣の幅が広がる点も「貴重な選手。つなぎ役として大事」と重宝がられる。

西武で3年目の今季は主戦場だった遊撃を新人源田に独占され、外野挑戦を余儀なくされた。「今でも悔しさはありますけど、源田はうまい。僕の立場で何をすべきか」。正面から確実性と向き合ってケース打撃を磨いた結果、出場135試合と飛躍。規定打席にも初到達した。

以前は「三振のトノ」といじった自軍の辻監督も、反対側のベンチで「今日、向こうで一番の働きはアイツじゃないか」とうれしそう。韓国の偵察スタッフも外崎の打席でデータ入力が忙しかった。 (森 淳)

=2017/11/14付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
侍外崎が先制弾「勝つしかない」台湾林政賢打ち
台湾が予選敗退、洪一中監督「ピッチャーがすごい」
稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加