最新ランキングをチェックしよう
チャレンジ導入へ障害も...30億円以上“メジャー級”設備投資は不可能

チャレンジ導入へ障害も...30億円以上“メジャー級”設備投資は不可能

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/13

【記者の目】 日本版チャレンジの導入には全面的に賛成したい。日本シリーズ前の監督会議。ソフトバンクの工藤監督は判定の難しい本塁上でのプレーへのリプレー検証を徹底してほしいと訴えた。第2戦での今宮の「神の手生還」は記憶に新しい。
 障害は山ほどある。大リーグはチャレンジ制度確立へ全本拠のテレビカメラやマンハッタンのスタジオなど、30億円以上の費用を投じた。日本で同程度の精度を再現することは現実的に不

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
異例! フットサル1部神戸が自らの判断で2部降格
日本復帰なら...中日 イチロー獲り 森監督意味深「話は進めてある」
韓国の「野神」ソフトバンク入団、コーチ陣を指導
巨人の「8」、広島の「1」 チームの顔「1桁背番号」の“空席”事情
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加