【ペブルビーチ2017】1940年代のレーサーをEVで再現したら...インフィニティ プロトタイプ9

【ペブルビーチ2017】1940年代のレーサーをEVで再現したら...インフィニティ プロトタイプ9

  • レスポンス
  • 更新日:2017/08/15
No image

インフィニティ プロトタイプ9

もっと画像を見る
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは8月12日、コンセプトカーの『プロトタイプ9』を発表した。実車は8月17日、米国で開幕する「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、初公開される予定。

プロトタイプ9は、1940年代のレーシングカーを、現代の技術で再現することをテーマに掲げて開発されたワンオフのコンセプトカー。世界中から数々のクラシックカーが集結する一大イベント、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスにふさわしいコンセプトモデルといえる。

車名の「9」とは、日本語での発音が、インフィニティのラインナップに冠される「Q」に近いことから選択された。デザインは、神奈川県厚木市のインフィニティデザインスタジオが主導。その後、横須賀市追浜の日産の総合研究所において、匠の技を備えた職人により、ハンドメイドで組み立てられた。

プロトタイプ9は、オープンホイールのシングルシーター。ボディサイズは、全長4330mm、全幅1820mm、全高910mm、ホイールベース2700mm。最低地上高は65mmと低く、車両重量は890kgと軽量。

パワートレインはEV。インフィニティによると、現時点で市販車に搭載されていない次世代のEVパワートレインになるという。新開発のモーターは最大出力148hp、最大トルク32.6kgmを発生。0~100km/h加速は5.5秒、最高速は170km/hの性能を発揮する。二次電池は蓄電容量30kWhのリチウムイオンバッテリー。およそ20分、サーキットを全開走行できる性能を備えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【爆速】最高時速350km超の電動モンスターバイク「LS−218」がこちらです
EVの最大の問題はバッテリーじゃない
絶対王者"マツキヨ"が3位に転落したワケ
ドン・キホーテ、銀行参入「視野には入っている」
20代若者に人気、いま「250ccスーパースポーツバイク」が売れる理由とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加