山本大臣「強行採決」発言を陳謝 民進党は辞任要求

山本大臣「強行採決」発言を陳謝 民進党は辞任要求

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/21
No image

山本有二農林水産大臣は、TPP(環太平洋経済連携協定)関連法案の強行採決に触れた発言について陳謝しました。しかし、民進党など野党は、山本大臣の辞任を求めて審議に影響が出ています。

山本農水大臣:「私の発言で皆様にご迷惑をお掛け致しましたことをおわび申し上げます」
山本大臣は発言を撤回して陳謝しましたが、民進党と共産党は「審議を強行した」として退席しました。
民進党・山井国対委員長:「あまりにも強引、強硬なやり方だと言わざるを得ません」
民進党は与党側が強行採決をしないと約束しない限り、TPP関連法案の審議に応じない考えです。一方、与党は野党が欠席しても、21日に委員会を開く構えで、予定通り今月中に衆議院を通過させる方針です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲田防衛相 ゲス宮崎夫妻への結婚祝儀を政治資金で拠出
静岡県議、他人のガソリン代を政務活動費に計上
小池氏応援の区議ら、都連へ身上書提出せず
トランプとプーチンにナメられて...安倍官邸「大パニック」実況中継
【カジノ解禁法案】自民、審議拒否の民進に「言う資格なし」 共産は「人のお金巻き上げるだけ」と非難
  • このエントリーをはてなブックマークに追加