滝野莉子SP首位、山下真瑚3位、横井ゆは菜は5位

滝野莉子SP首位、山下真瑚3位、横井ゆは菜は5位

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/12
No image

げんさんサマーカップのジュニア女子SPに臨んだ滝野莉子(撮影・松本航)

<フィギュアスケート:げんさんサマーカップ>◇12日◇滋賀県立アイスアリーナ◇ジュニア女子ショートプログラム(SP)

ジュニア3年目の滝野莉子(15=関大KFSC)が57・37点でトップに立った。今季の新プログラム「ポエタ」で、演技後半の3回転フリップ-2回転トーループの連続ジャンプなどに成功。それでも、3回転の連続にならなかったことを課題とし「3(回転)-3(回転)を跳ばないと、60点を超えてこない」と満足しなかった。

昨季の全国中学校大会2位の山下真瑚(14=グランプリ東海ク)は55・12点の3位。後半にフリップ-トーループの連続3回転を組み込む構成で挑んだが、トーループを失敗。「前半(の連続3回転)より、後半の方が体力を使う。もっとつけていかないと」と課題を掲げた。

ボクシングのWBO世界ライトフライ級王者の田中恒成といとこの横井ゆは菜(17=愛知・中京大中京高)は、新プログラム「ライオンキング」で53・39点の5位。ジャンプにミスが目立ち「こんなことをやっていたら、ジュニアグランプリシリーズに出てもいい演技ができない」と自らに厳しい言葉を向けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「24時間テレビ40」に郷ひろみ38年ぶりの参加&イモトの登山企画も発表!
羽生結弦「自分でいられる」五輪連覇へ陰陽師再演
羽生オッサンでも現役!?スケート教室で子どもたちに宣言「いつか一緒に」
三原舞依が優勝「200点はうれしい」A5和牛獲得
松田悠良、3連続ジャンプ「もっと武器に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加