東京五輪エンブレム“無断使用” 社長を書類送検

東京五輪エンブレム“無断使用” 社長を書類送検

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14
No image

動画を見る(元記事へ)

2020年東京オリンピックのエンブレムを勝手に使ってインターネット上の住所表示にあたるドメインを販売したとして、男が書類送検されました。

インターネット関連会社の社長の男(44)は今年6月、インターネットのオークションサイトでドメインを出品する際、東京大会のエンブレムである組市松紋の画像を無断で添付した疑いが持たれています。警視庁によりますと、男は仕事仲間の30代の男性から預かったドメインをオークションサイトで「2020年東京オリンピック向けのドメインです」とうたい、10万円で出品したということです。男は「他人の目にとまり、反応があるのではないかと思った」と容疑を認めています。過去のオリンピックでもこうしたドメインを使った詐欺事件が確認されていて、警視庁が注意を呼び掛けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
貴乃花親方のファッシッョンに芸能記者も動揺
誤作動で相次ぐ交通事故「危ない信号機」が町中に放置されている
校内で女子生徒と”行為” 中学教師、卒業後も関係
「がん治った」と勧誘 フォーデイズに業務停止命令
東京・東久留米の住宅街で火事、男女2人がやけど
  • このエントリーをはてなブックマークに追加