愛らしくギュってしたくなる作品たち!工作屋さん「大谷工作室」の個展が開催中

愛らしくギュってしたくなる作品たち!工作屋さん「大谷工作室」の個展が開催中

  • Japaaan
  • 更新日:2016/11/29
No image

東京・元麻布のカイカイキキギャラリーで、2016年11月26日(土)〜12月24日(土)に大谷工作室の個展「僕が17歳の時、ジャコメッティの話を美術の先生に聞いて、彫刻に憧れて、僕は今、彫刻を作ってます。」が開催されます。

「大谷工作室」、実はアーティスト名です。2004年に沖縄県立芸術大学彫刻科を卒業後、2005年に大谷工作室を開室。現在は滋賀県信楽にて制作を行っています。国内外で数々の展覧会を開催してきた大谷工作室さんは国内の陶芸ファンだけでなく、現代アートの文脈でも高く評価されています。

今回の個展で掲げたテーマは「原点回帰」。芸術家を目指して美大に入学、彫刻家を目指すも挫折、模索の日々を経て、「陶芸家」としてデビューし、キャリアを積んできた創作活動の出発点へと立ち返る展覧会。

ふむ, 2016 セラミック H290×W270×D230

ぞうの祖先, 2016 セラミック H330×W500×D360

ギュってしたくなる♪

今回の個展で展示される大谷工作室さんの作品たちは、なんとも可愛らしい雰囲気。セラミック製なのに、柔らかさを感じる、ほんわかな印象です。陶芸でもあり、工作でもあり、彫刻でもある。現在の大谷工作室さんの立ち位置が見えてくる作品たちです。

No image

素朴な感触を持つ作品たちは、大谷工作室さんが芸術を志した17歳のときのプリミティブな感覚の原点なのかもしれません。作品たちは、芸術って難しくなくてもいいんだよ、って言ってくれているような気がします。

うさぎ, 2016 セラミック H250×W130×D150

寝る子, 2016 セラミック H330×W400×D360

陶芸家として活躍しつつも、辿り着いた言葉は彫刻。作家にとっての原点でもあり、マイルストーンでもあるのかもしれません。アーティストとしてのコアな部分が、伸びやかに表現された展示。ぜひ、足を運んでみて下さい。

photo:Toru Kometani

大谷工作室 個展
「僕が17歳の時、ジャコメッティの話を美術の先生に聞いて、彫刻に憧れて、僕は今、彫刻を作ってます。」
開催日程:2016年11月26日(土)〜12月24日(土)※会期中無休
開催時間:11:00〜19:00
会場:KaiKai Kiki Gallery 東京都港区元麻布2−3−30 元麻布クレストビルB1

日本の文化と「今」をつなぐ - Japaaan

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小林麻央「前入院先」病院の担当医が極秘退職したワケ
成宮さん引退にビートたけし「フライデーだから」
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
長渕剛「乾杯」新バージョンに騒然 FNS歌謡祭「今年一番笑えた!」
浜田雅功が“この人は異質”と感じた芸人

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加