貴源治 初の幕内取組で白星、貴乃花親方「本来の相撲で勝った」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/07/12

◇大相撲名古屋場所4日目(2018年7月11日 ドルフィンズアリーナ)

十両の貴源治が初めての幕内の取組で、今場所初白星を挙げた。石浦に左上手を取られ出し投げを打たれたものの、しっかり体を寄せて寄り切り。「今日は落ち着いていて、いい感じで闘争心があった」と振り返り「(幕内は)こんなに(客席が)パンパンになるんだと思った」と館内の雰囲気にも後押しされた。

前日までは勝ち急いで3連敗と自分の相撲を取りきれていなかっただけに、師匠の貴乃花親方(元横綱)は「本来の相撲で勝ちましたね」と話した。今場所から復帰した兄の貴公俊もこの日、幕下で連勝。ここから兄弟そろって調子を上げていきたいところだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
御嶽海、壁越えた10勝目=初Vへも大きく前進-大相撲名古屋場所
御嶽海10連勝「明日からクールダウンだな」
栃煌山が勝ち越し決め手応え「内容良く相撲取れた」
朝乃山、闘志は失わず=大相撲名古屋場所
魁聖、結びの一番で初○ 取組後に闘莉王と記念撮影
  • このエントリーをはてなブックマークに追加