西武炭谷、現状維持1億円プラス出来高でサイン 来季へ「負けてたまるか」

西武炭谷、現状維持1億円プラス出来高でサイン 来季へ「負けてたまるか」

  • フルカウント
  • 更新日:2016/12/02
No image

不本意なシーズンに「『悔しい』の一言」、シーズン中の「練習不足」を猛省

西武の炭谷銀仁朗捕手が1日、西武プリンスドームで契約更改を行い、現状維持の1億円プラス出来高払いでサインした。

今季は、左ひざ内側半月板損傷および左前十字靱帯断裂で長期離脱した2010年シーズン以来最少の出場117試合にとどまった。武器とする盗塁阻止率は.317、打率も.218に終わり「何もかも納得いってない。『悔しい』の一言です」と、シーズンを振り返った。

不満足な結果となった原因として、「シーズン中の練習不足」を猛省する。「すべて数字に表れていると思います。スローイングなど、守備の方の練習に関して、一から見つめないといけない。体がしんどい時期もあり、どうしても練習量が落ちたりはしますが、もう1回自分の体をいじめるためにも、シーズン中も常に(量を)やりたいなと思います」。

今年に引き続き、来年も選手会長を務めることが決まった。来季は2年契約の2年目。さらに今季もリーグ優勝した日本ハムの胴上げを間近で見る屈辱を味わうなど、早くも2017年シーズンへの思いは増すばかりだ。その期する思いを、自らの登場曲で表現した。

「『負けてたまるか』。何事にもその気持ちでやっていきたいと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
大谷翔平が来オフにMLB行きを決断したらどうなる? 米メディアが解説
巨人・菅野選手が一日警察署長に 相模原市
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
  • このエントリーをはてなブックマークに追加