元世界4位ブレイクがTD就任

元世界4位ブレイクがTD就任

  • tennis365
  • 更新日:2018/01/12
No image

元世界ランク4位のジェームズ・ブレイク : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は11日に公式サイトで、元世界ランク4位のJ・ブレイク(アメリカ)がトーナメントディレクターに就任したことを発表した。

ブレイクは声明で、「30年以上、テニス界最高のイベントの1つであるマイアミ・オープンを率いるチャンスに感謝しています。選手として、マイアミでプレーするのはいつも好きだった。選手のため、スポンサーのため、ファンのため、大会をより高いレベルに持っていく機会に興奮している」と話した。

2013年に引退したブレイクはキャリア通算366勝256敗。ATPツアーではシングルス10勝、四大大会では3度ベスト8に進出していた。

また、当時18歳の錦織圭が2008年にツアー初優勝を飾ったデルレイビーチ国際(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)決勝の相手でもある。日本人選手としては松岡修造以来16年ぶりの快挙だった。

2児の父であるブレイクは現在、Tennis ChannelとCNNで解説者をする傍ら、全米テニス協会基金の会長も務める。

マイアミ・オープンは2019年から、大会会場を32年間開催してきたクランドン・パークからハード・ロック・スタジアムに移転すると昨年12月に発表した。

■関連ニュース

・マイアミOP 会場の移転が決定
・錦織圭が初優勝 ブレークを下す
・元世界4位ブレイクが引退表明

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日比野菜緒、伊達公子さんにコーチを断られた!?
番狂わせ ラオニッチ初戦敗退
同性愛者に対する差別発言をしたマーガレット・コートへの批判弱まる
シャラポワ 快勝で全豪初戦突破
「はりみう」張本智和&平野美宇ペアが圧勝好発進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加