明徳義塾が36年ぶり2度目の秋制覇!エース・市川が4安打完封

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/11/14

◆ 第48回明治神宮野球大会
第5日 第1試合
高校の部・決勝戦
● 創成館(長崎) 0 - 4 明徳義塾(高知) ○

明治神宮大会・高校の部の決勝戦が14日に行われ、四国代表の明徳義塾が九州代表・創成館を破って優勝。36年ぶり2度目の秋の王者となった。

創成館は左の七俵(2年・城南中)、明徳義塾は右のエース市川(2年・潮江中)が先発。まず初回、明徳義塾は二死二塁から準決勝で同点本塁打を打った4番・谷合(2年・妹尾中)が左前打で繋ぎ、二死一・三塁とすると、5番・安田(1年・明徳義塾中)が三遊間を破る左前適時打。幸先よく1点を先制する。

明徳義塾は3回にも谷合の2打席連続安打などで一死満塁のチャンスを作ると、中隈(2年・宇治中)が一塁前へスクイズを敢行。満塁スクイズという馬淵監督の策がピタリとはまり、明徳義塾が2点目を挙げた。

守っては4回裏、創成館の3番・峯(2年・筑紫野南中)が放った痛烈なライナーを左翼手の谷合がダイビングキャッチ。5番・松浪(2年・上之島中)の中前へ抜けそうな当たりも遊撃手・菰渕(2年・志渡中)が好捕して遊ゴロに仕留めるなど、守備でも良い流れを作る。

創成館は相手の堅守を崩せず、3回と5回には走者を出しながらも併殺打でフイにする苦しい展開。6回にも走者を出したものの、2番・藤(2年・熊西中)が三直に倒れて走者が戻れず。ハードラックな併殺が続き、明徳義塾・市川の前に6回まで2安打と抑え込まれた。

それでも、先発・七俵は毎回走者を置きながらも変化球を巧みに使い、粘りのピッチングで6回まで追加点を許さず。127球を投げて7安打・2失点の力投。後を2番手・伊藤(2年・吉井中)に託す。

七俵を攻めあぐねていた明徳義塾は7回、代わった伊藤から4番・谷合と6番・中隈の安打でチャンスを作ると、伊藤に代わって登板した左のエース川原(2年・三川中)から7番・菰渕が四球を選ぶなど二死満塁に。ここで、藤森(2年・八阪中)が右前へ2点適時打を弾き返し、貴重な追加点を挙げた。

リードを拡げた明徳義塾は先発の市川が最後まで投げきり、9回を94球で4安打完封。攻守にわたって強さを見せた明徳義塾が、明徳高校時代以来となる36年ぶり2回目の優勝を果たした。

◆ 明徳義塾・馬淵監督
「新チームになって、なかなかうまくいかなくて。こんなにすんなりいくとは思わなかった。(大会3試合を1人で投げ抜いた市川は)きょうはよく投げてくれた。気合いが入っていて、非常に良いピッチングだった。勝てるときはうまくいくもの。また春に向けて手直ししながら強いチームを作っていきたい」

◆ 明徳義塾・先発して4安打完封の市川
「(今大会3試合すべて1人で投げ抜き)大会全部1人で投げようと。自分しかいないんで。(右足内転筋を傷め、右手中指の爪も割れていたが)どこが痛いとかは関係ない。気合いでいきました。真っ直ぐとスライダーが良かった。真っ直ぐにキレがあって、向こうも真っ直ぐを狙ってきていたと思うが、キレがあったんで内野ゴロやポップフライになっていた。今まで監督さんのおかげで勝たせてもらっていたので、選手たちで引っ張っていこうと。自分たちの力で勝てて良かった」

◆ 創成館・先発の七俵
「なかなか結果を出せなくて、その部分は悔しい。他のピッチャーと比べて変化球の精度や真っ直ぐのコントロールが全然ない。この冬は誰よりも追い込んで明徳義塾にリベンジできるように頑張ります」

(取材・ニッポン放送アナウンサー洗川雄司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カープ3連覇キャッチフレーズは「°C°C°C(ドドドォー!!!)」 緒方監督「いい」
清宮、北の大地上陸!大谷級200人が空港お出迎え
ヤクルト「再起」誓う 来季新スローガンを発表
NMB48山本彩に野球について聞いてみた 野球にハマったきっかけは?さや姉熱弁の“おすすめ&注目選手”は?<インタビュー>
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加