iPhone SE2(仮)、効率アップのため新設計アンテナ採用のうわさ

  • Engadget
  • 更新日:2019/10/22
No image

アップルが2020年初めに発売と噂される、現行フラッグシップモデルよりも小型かつ安価なiPhone SE2(仮)。そのアンテナについての新たな予測が報じられています。アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏、その最新レポートはiPhone SE2に搭載されるアンテナに関するもの。それによると送受信効率を改善するため、LCP(液晶ポリマー)製のアンテナ設計になると述べられています。

さらに2020年の初めには、米Career Technologiesと村田製作所がアンテナ部品の供給を開始する見通し。それは2020年第1四半期末の発売に間に合わせるためとのことです。

Kuo氏は以前も、iPhone2020年モデル用の5G対応アンテナは主な素材がLCPになると予測。2018年のiPhone XSなどはLCP素材だったが、2019年モデルではRF(高周波)性能が限界に達していることからMPI(変性ポリミイド)に変更。しかし、2020年には製造上の問題が解消され、再びLCPに戻ると分析していました。

iPhone SE2につき、Kuo氏はかなり具体的な予測を発表済みです。iPhone 8ベースでiPhone 11シリーズと同じくA13プロセッサーを採用、メモリは3GBを搭載。そして(iPhone 8から)感圧タッチの3D Touch機構は削除され、ストレージ構成は64GBおよび128GBの2タイプ。本体カラーはシルバー、スペースグレイ、レッドの3種類で価格は399ドル(約4万3000円)〜といったところです。

米アップル関連情報サイトMacRumorsは、「iPhone SE2」が最終的な製品名でない可能性があるとコメント。基本的にiPhone 8のフォームファクタを流用することから、「iPhone 8s」ないし「iPhone 9」かもしれないというわけです。

iPhone SE2はiPhone 8と同じ画面サイズが4.7インチである可能性が高いことに対して、iPhone SEの小ぶりな4インチを望んでいたユーザーからは、国の内外を問わず失望の声が聞こえています。

しかしKuo氏いわく、アップルがiPhone SE2を投入する主な狙いは「今年iOS 13にアップデートできなかったiPhone 6およびiPhone 6 Plusのユーザーに買い換えを促す」こと。つまりiPhone 6の「4.7インチ画面に慣れた客層」がメインターゲットであり、そもそもiPhone SEユーザーへの訴求は想定されていないのかもしれません。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
うらまる&倉坂くるる、『12Star』ローンチ記念Apple Musicキャンペーン開始!
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max用Smart Battery Case、1万4800円で本日発売
iOS 13.2.3配信 バグ修正中心のアップデート
ついにAppleの映像配信サービス「Apple TV+」スタート!ココでしか観られないオリジナル映画やドキュメンタリーが月額600円で観放題
ビックカメラ、都内2店舗で各種iPhoneのSIMフリー版を11月22日に発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加