長野五輪に出ていない「大物選手」は誰?

長野五輪に出ていない「大物選手」は誰?

  • 日刊大衆
  • 更新日:2018/02/14
No image

長野五輪に出ていない「大物選手」は誰?

平昌五輪がいよいよ開幕。東アジアで冬季五輪が開催されるのは、1998年の長野大会以来3度目のことです。そこで今回は、開催から20年を数える長野五輪がテーマです。(文中=敬称略)

【関連】博多大吉、飲みすぎで『アメトーーク』ドタキャン寸前に!?

【Q1】聖火リレーメンバーが記憶に残らない理由は?

五輪の開会式では、誰が聖火ランナーとして登場するのかが大きな注目点となります。長野五輪では、聖火台に点火したのが伊藤みどり(アルベールビル五輪フィギュアスケート銀メダリスト)だったことを記憶している人は多いでしょう。

しかし、伊藤みどりまで聖火をつないだ4名(他に並走者あり)の顔ぶれを明確に覚えている人は、少ないかもしれません。なぜなら、河野孝典(アルベールビル&リレハンメル五輪ノルディック複合団体金メダリスト)以外は、過去の五輪メダリストでも、誰もが知る国民的大スターというわけでもなかったからです。1人は、地雷撤去作業中に右手・右足を失うも、その後、フルマラソンを完走した、クリス・ムーンというイギリス人の社会運動家でした。では、残りの2名に関して、次の中で正しいのはどれ?

(1)札幌五輪開会日の72年2月3日に生まれた無名のスキー選手2名が務めた

(2)抽選で選ばれた長野の一般市民男女各1名が登場

(3)シドニー五輪につなげるため、夏季競技選手2名が選ばれたが、両者ともシドニーには出られなかった

【Q2】長野五輪に出ていない大物選手は誰?

長野五輪には、「メダル獲得はならなかったものの、日本の冬季スポーツ史に残る選手」が何名か出場しています。ノルディック複合団体で、アルベールビル(92年)、リレハンメル(94年)と2大会連続で金メダルを獲得した“キング・オブ・スキー”荻原健司が、その一人。長野では個人4位、団体5位に終わり、3大会連続メダル獲得はかなわず。

また、アイドル的人気を博したモーグルの上村愛子は、長野五輪のときは18歳。長野育ちの彼女は、7位入賞と健闘しました。彼女はそれ以降、ソルトレークシティ(02年)、トリノ(06年)、バンクーバー(10年)、ソチ(14年)と、5大会連続で五輪に出場しています。では、次の中で長野五輪に出場していない有名選手は次のうち誰?

(1)葛西紀明(ジャンプ)

(2)橋本聖子(スピードスケート)

(3)荒川静香(フィギュアスケート)

答えはココを押す!●A答え 出題/小泉珍事郎 ■Q1=3【解説】シドニーを見据えて選ばれたのは、2名とも陸上の女子選手(鈴木博美、千葉真子)でした。両者は97世界陸上でメダル獲得も、高橋尚子の台頭もあり、目標としたマラソンでのシドニー出場はならず。 ■Q2=2【解説】葛西は長野では不調で団体メンバーからは外されましたが、個人で出場。荒川は13位。橋本はすでに引退していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
またも衣装はだけ、フランス組あわやのアクシデント
羽生結弦と宇野昌磨のオフショットが眼福すぎるう☆ NHKが公開したエキシビジョン練習動画が大人気です
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
【平昌五輪】フィギュア男子・エキシビジョンの練習風景が話題! 羽生結弦の “カーリングごっこ” や宇野昌磨の “おやつタイム” にネットの声「可愛さも金メダル!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加