巨人小林誠「より精度上げる」送球練習で強肩に磨き

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30

巨人小林誠司捕手(27)が30日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行った。キャッチボール、ノック、マシン打撃、ウエートトレなどで汗を流した。

今季は、盗塁阻止率3割5分6厘でリーグトップを誇った強肩は「より精度を上げていかないと」とテーマを挙げ、送球練習を繰り返した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森会長、IOC理事会に追加種目の会場提案
各球団発表、12月7日の引退選手動向、コーチ、スタッフ人事は?
西武、田邊前監督のチームアドバイザー就任を発表
阪神北條と少年野球戦友 大阪橋本がバスケ代表候補
FA最後の目玉・陽岱鋼をめぐる“歓迎”大作戦?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加