【採点&寸評|C大阪】2-0で磐田に完勝。攻守にフル稼働したDFを最高評価に

【採点&寸評|C大阪】2-0で磐田に完勝。攻守にフル稼働したDFを最高評価に

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/24
No image

【警告】磐田=小川(88分) C大阪=水沼(29分)、キム・ジンヒョン(66分) 【退場】なし 【MAN OF THE MATCH】丸橋祐介(C大阪)

[J1第24節]磐田0-2C大阪/8月24日/ヤマハ

【チーム採点・寸評】
C大阪 6.5
磐田のアグレッシブなプレスにも慌てず、パスワークの質で上回る。チャンスを確実にモノにする決定力の高さに加え、押し込まれる展開でも冷静かつ強固な守備でゴールを許さず。格の違いを見せつける完封勝利だった。

【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
43分のアダイウトンの強ミドルをストップ。押し込まれた後半も確実なセービング。

DF
2 松田 陸 5.5
対峙するアダイウトンに手を焼いたか。それでも、最後の最後は防ぎ切る粘り強さも。

14 丸橋祐介 6.5 MAN OF THE MATCH
正確なFKを突き刺して先制点をゲット。攻撃参加のタイミングも良く、守備に回っても隙を見せずに相手の侵入を食い止めた。
15 瀬古歩夢 6.5
序盤に惜しいヘディングシュート。自陣ゴール前では盤石のクロス対応で撥ね返した。

22 マテイ・ヨニッチ 6.5
鋭い読みのインターセプトなど、集中力の高いディフェンスでピンチを未然に阻止。

MF
5 藤田直之 6.5
中盤の底でテンポの良い捌き。42分の松田を走らせたロングパスは秀逸だった。

6 レアンドロ・デサバト 6(72分OUT)
球際で激しく戦い、ミドルゾーンの守備強度をキープ。スペースもしっかり埋めた。

【横浜 1-2 C大阪 PHOTO】奥埜の2得点でC大阪が勝利!MF
7 水沼宏太 6.5(85分OUT)
随所に切れ味鋭い仕掛けを披露。カウンターから相手DFを振り切って、鮮やかな追加点。

10 清武弘嗣 6(77分OUT)
丸橋との息の合った連係で左サイドからチャンスメイク。“タメ”の作り方も上手かった。

FW
20 ブルーノ・メンデス 5.5
献身的な守備で高い貢献。しかし、FWとしての仕事ぶりはやや迫力不足だった印象だ。

25 奥埜博亮 6.5
巧みなスペースへの動き出しでボールを引き出す。後半途中からボランチ、左サイドでプレー。
途中出場
FW
18 鈴木孝司 5.5(72分IN)
B・メンデスと2トップを組む。ゴールを狙ったが、オフサイドにかかるなど奏功せず。

DF
16 片山瑛一 ―(77分IN)
2列目右サイドでいくつかのチャンスを演出。出場時間が15分未満のため採点なし。

DF
3 木本恭生 ―(85分IN)
ボランチに入り、クローザーの役目を完遂。出場時間が15分未満のため採点なし。

監督
ロティーナ 6.5
攻守にメリハリを利かせて、危なげないゲームマネジメント。ベンチワークも的確だった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜FW仲川 2桁G達成の次は「タイトルが欲しい!」
【山口】守りに徹しない“現実策”。人材流出は痛手も霜田監督が見せた新たな引き出し
藤井聡太七段タイトル挑戦なるか? 王将リーグ開幕
「藤井聡太七段とは一局でも多く当たりたい」多くのドラマを経て、新四段2人がデビュー
快進撃は39歳ベテランの抜け目なさに止められたが...ジャイキリ連発の法政大、なぜ天皇杯で躍進できたのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加