“一人大関”豪栄道 奇襲の左差しで全勝の阿武咲を止めた

“一人大関”豪栄道 奇襲の左差しで全勝の阿武咲を止めた

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

阿武咲(左)を押し出しで下す豪栄道

「大相撲秋場所・6日目」(15日、両国国技館)

“一人大関”の責務を全うした。豪栄道は立ち合い右で張って左差し。阿武咲が出てきたところで差し手を抜いて左へ動き、最後は押し出しで仕留めた。

照ノ富士が休場し6日目にして大関が自分一人になった。相手は初日から5連勝と勢いに乗る若手の初顔。どうしても負けられないという気持ちからか、あえて自分得意の右四つを封印しての“奇襲作戦”を成功させた。

「相手をしっかり止められればと思った。落ち着いて相撲が取れた。大関の意地を見せられてよかった」

全勝を引きずり降ろし、1敗で優勝争いのトップに並んだ。昨年秋場所は初優勝しており、ゲンのいい場所で目指すは2度目の賜杯。「1日1日大事に集中して取るだけ」。このチャンスは逃さない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日馬 自力V復活、1人横綱の意地「何が起こるか分からない」
日馬、自力Vの可能性復活!嘉風を一蹴「集中していた」/秋場所
炎鵬 歴代4位タイのデビュー21連勝、三段目優勝決定戦へ
日馬富士に自力V復活「1人横綱」覚悟が呼び込んだ
朝乃山9勝、三賞&史上初新入幕幕尻V可能性残した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加