森川葵、高橋一生は「甘いものが好き」と明かす

森川葵、高橋一生は「甘いものが好き」と明かす

  • TV LIFE
  • 更新日:2016/10/19
No image

10月25日(火)からスタートするプレミアムよるドラマ『プリンセスメゾン』(BSプレミアム(火)後11・15)の試写会が渋谷・NHK放送センターで行われ、森川葵、高橋一生、渡辺美佐子が登壇した。

本作は、池辺葵の原作コミックを映像化した、26歳、年収250万円の独身女性が、「マンション購入」を目標に生きるリアル体験型ドラマ。森川演じる、マンション購入を目指す主人公・沼越幸のさまざまな出会いや、まわりの人々の優しさを描く。高橋は持井不動産の社員・伊達政一を、渡辺は幸が住んでいるアパートの大家・藤堂紅を演じる。

コミックが原作とあって、当初は、「私がこの世界に行くことができるのかな」と不安だったという森川だったが、完成した作品を見て、「『プリンセスメゾン』というこの世界に自分がしっかりと入って、その世界を作り上げることができていたので、ほっと、安心しました」と笑顔をみせた。

撮影を振り返り、共演した高橋について森川は、「現場でお話をしていたときに甘いものが好きだというお話になって…」と語り、「クランクインしてすぐのまだお話もしていないときに、私がアイスを食べたいという話をしていたら、アイスを買ってくれて(笑)」というエピソードを明かした。

それを聞いた高橋は、「父親のようにアイスを買いました(笑)。甘いものを共有してくれる人って同年代だとあまりいなくて。甘いもの本当に好きなんで。(森川が)“アイスが食べたい”って言ってくれて、“これは今、仲間に引き込んでいくしかないな”と(笑)。みなさん本当に仲良かったと思うので。とってもスムーズに関係性を構築することができたと思います」とコメント。

続けて高橋は、森川の演技について、「たとえば、お芝居の途中で何かを表に出そうとするときに、思考が邪魔をしてしまって配線がショートしてしまうことがあると思うんですけど、森川さんはそれが表面的には見えていなくて、そのままの思考や心が出てくるイメージで、とてもすばらしい女優さんだと思いました」と女優・森川の演技を絶賛した。

最後に、今回演じた幸について、「1人で生きている幸は強い」と語る森川は、「今回演じられたのは、きっと今、私も21歳という年齢で、これから自分で自分を支えていかなければならない。出会うべくして出会った『プリンセスメゾン』なんだなと思っています」と。続けて、「私ももちろんいつかは結婚したいし、1人で生きていくなんてそんなこと言えないですけど、でも沼ちゃん(幸)のように強く自分で自分のことを支えながら、自分と向き合いながら生きていけたら良いなと思っています」と力強く語った。

プレミアムよるドラマ『プリンセスメゾン』(BSプレミアム)は10月25日(火)後11・15からスタート。

プレミアムよるドラマ『プリンセスメゾン』
BSプレミアム 毎週火曜日 後11・15~11・45(全8回)
公式HP:http://www.nhk.or.jp/pyd/princessmaison/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テレ朝・紀&桝田アナ、サンタの衣装でイルミネーションツリー点灯式
キレるとヤバい?「瑛太の弟」永山絢斗が生放送中に突然、絶叫する放送事故
成宮寛貴の薬物疑惑報道でディーン・フジオカファンが激怒するワケ
「初軍議のシーンで勢いよく演じたら、堺さんから『とても良かった』と言っていただきました」白石隼也(木村重成)【真田丸インタビュー】
ハーフモデルの瑛茉ジャスミン、衝撃の“買い物癖”を告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加