ショウジョウバエの眼が翅になる仕組み、東北大が解明 再生医療に応用へ

ショウジョウバエの眼が翅になる仕組み、東北大が解明 再生医療に応用へ

  • ITmedia NEWS
  • 更新日:2018/01/12
No image

ショウジョウバエが眼に傷やストレスを受けると、眼を翅に変える仕組みを解明したと、東北大学の研究グループが1月12日に発表した。器官再生など、再生医療分野での応用が期待できるという。

通常のハエと眼が翅になったハエ

これまでも細胞が性質を転換する能力(分化可塑性)は、さまざまな生物で確認されている。特にショウジョウバエは、傷付いた器官を丸ごと別の器官につくり変える「決定転換」という仕組みを持っているが、よく分かっていなかった。

眼が翅に変わってしまうショウジョウバエを調べたところ、「Wge」と「Su(var)3-9」という2つのタンパク質が転換を担っていることが判明した。特にSu(var)3-9は、DNAを巻き付けて染色体を形成する「ヒストンタンパク質」に対し、メチル化と呼ばれる特定部位への化学変化を起こし、遺伝子発現を調節する酵素として知られている。

No image

WgeとSu(var)3-9が協調的にヒストンタンパク質のメチル化を調節することで、決定転換における分化可塑性に重要な機能を果たしていると分かったという。

ヒトを含む哺乳類には、WgeとSu(var)3-9を発現するショウジョウバエの遺伝子と祖先が共通する遺伝子があるため、今回の発見は器官の再生や分化転換などの再生医療分野へ役立つ可能性があるとしている。

研究成果は1月3日(日本時間)に米科学誌「Cell Reports」に掲載された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
気象予測を10分ごとに更新 より正確な予報を可能に
理研、自己と他者が空間のどこにいるかを認識する仕組みを発見
16世紀にメキシコのアステカ文明を壊滅的な状況に追い込んだ伝染病の実態が「死者の歯」から浮き彫りに
中国の科学者チームは宇宙に漂う「宇宙ゴミ」を巨大なレーザー砲で破壊する可能性を模索
医学研究の対象者の選び方について、米国立機関の研究者が提言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加