日本と同組 クアドラード&シュチェンスニが躍動

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07

<欧州CL:オリンピアコス0-2ユベントス>◇1次リーグD組◇5日◇ピラエウス

D組ではユベントス(イタリア)がコロンビア代表MFクアドラードの得点、ポーランド代表GKシュチェンスニの奮闘などで決勝トーナメント進出を決めた。W杯で日本と同じH組のスターたちが躍動した。

ユベントスは14年W杯の日本戦でも得点したクアドラードが先制点を挙げ、2-0でオリンピアコスを下した。地元紙は「彼は重要な試合で常にゴールを決める」と勝負強さを称賛。本人は「勝利と1次リーグ突破はうれしい。これでセリエAに集中できる。次のインテル戦は大事」と、9日の試合を見据えた。右サイドを主戦場とし、左DFのインテル長友とマッチアップの可能性もある。また、守護神ブフォンが足を痛めたため、シュチェンスニが先発して完封勝ちした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ミラン、降格圏に沈むチームに完敗。指揮官は「言い訳はない」と敗北認める
ユヴェントス、敵地でボローニャに3発快勝...マテュイディがセリエA初ゴール
ガットゥーゾ体制でリーグ戦初黒星...ミランはベローナに3失点食らう
優勝候補スペイン、W杯出場権はく奪!? FIFAから警告も会長は自信
ルカク&リンガード弾でマンUが勝ち切って2連勝、首位シティとの11差をキープ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加