スカンジナビア航空、ノルウェーのベルゲン空港でバイオジェット燃料の導入開始

スカンジナビア航空、ノルウェーのベルゲン空港でバイオジェット燃料の導入開始

  • Traicy
  • 更新日:2017/09/15
No image

スカンジナビア航空は、8月からバイオジェット燃料の提供を開始したノルウェーのベルゲン空港で、バイオジェット燃料の導入を開始した。ベルゲン空港でバイオジェット燃料を導入する初の航空会社となる。

航空分野での二酸化炭素排出量は右肩上がりで増加していることから、国際航空運送協会(IATA)は2020年までに燃料効率を毎年平均1.5%ずつ改善し、2050年までに航空業界の二酸化炭素排出量を抑制することを目指している。

バイオジェット燃料は、食用廃油、生ゴミ、タバコ、藻類、木材などの有機物から得られる油成分を精製して作られる。現在は化石燃料より割高であるものの、今後は低廉化することが予測される。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」
【東芝メモリ売却決定】東芝半導体子会社売却の舞台裏 二転三転の激しいせめぎ合い、「劇場型買収劇」に
メルセデスEQの最初のEV『EQC』...発表1年以上も前から予約受注を開始
未来の東京で未来の車を体験...今年のモーターショー
地域密着型ホームセンターの地元愛あふれる日用品大集合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加