会社予想は据え置きながらコンセンサス予想が上昇した銘柄は

【投資のヒント】会社予想は据え置きながらコンセンサス予想が上昇した銘柄は

  • ZUU online
  • 更新日:2016/11/30
No image

3月期決算銘柄の中間決算発表も終了しましたが、折り返しの中間決算ということもあって業績予想を上方修正したり反対に下方修正したりと見直す企業も目立ちました。

しかし、その一方で通期の業績予想を変更しなかった企業も少なくありませんでした。そしてそうした銘柄のなかには業績予想が据え置かれたにも関わらず決算後にコンセンサス予想が上昇したものもみられます。

そこで今回は通期の会社予想が据え置きとなったTOPIX500採用の3月期決算銘柄のなかから、決算後にコンセンサス予想が3%以上上昇したものをピックアップしてみました。

例えば決算発表後にコンセンサス予想が4割近く上昇した四国電力 <9507> では、会社予想とコンセンサス予想のかい離が一段と広がり、コンセンサス予想が会社予想を8割以上も上回る格好となっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
若い社員の転勤嫌い 居心地いい蒲団の中から出たくないだけ
2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーはスバル『インプレッサSPORT/G4』
簡単に車中泊が楽しめるホンダ『フリード+』の遊び方
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加