冬のスキンケア 乾燥から肌を守る3つの対策

冬のスキンケア 乾燥から肌を守る3つの対策

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/11/23
No image

2017/11/20 05:00 ウェザーニュース

これからの時期は、広いエリアで空気が乾燥しやすくなります。乾燥による肌荒れなどで、お悩みの方も多くなるのではないでしょうか。

10月から徐々に湿度が低下

No image

東京の月別の湿度の変化(2016年)を見ると、10月から湿度が徐々に低下。12月に入ると平均湿度は60%を切ることがわかります。

肌の乾燥が気になる人は全体の8割、女性はなんと9割超

No image

実際に肌の乾燥が気になるのかどうか、調査を行いました。その結果、肌の乾燥が気になる人の割合は8割を超え、特に女性の94%は肌の乾燥を気にしていることがわかりました。ほとんどの人が肌の乾燥を気にしているようですね。

そこで、スキンケア専門である「ドクターシーラボ」の広報担当の方に、お肌の乾燥対策について伺いました。

乾燥はさまざまな肌トラブルの引きがねに!

湿度や気温の低下などの理由で肌が乾燥すると、健康的な肌を維持するのに欠かせない線維芽細胞の活動が鈍くなり、「エラスチン」や「コラーゲン」の生産が減少。その結果、肌のハリが失われ、顔のたるみを加速させます。

乾燥対策のキーワードは「水分」。うるおい続けるためには、以下の3つの基本のスキンケアが何よりも大切であると言えます。

3つの対策「落とす」「与える」「キープする」

No image

1.汚れをよく落とす
洗顔の際はたっぷりの『泡』で洗うことが基本です。不完全な泡立てや洗顔の際のこすりすぎは、肌に負担となることもあります。

また、よくありがちな間違った洗顔方法は『熱いお湯で洗う』こと。 熱いお湯による洗顔は、肌からうるおいを奪い乾燥させてしまいます。

33〜35度くらいのぬるま湯で、洗顔料が残らないようにしてください。

2.うるおいを与える
洗顔した肌に自然に皮脂膜が作られるまでの間は、水分も刻々と奪われていくため、肌が乾燥してしまう前に水分を与える必要があります。

男女関係なく、浸透力の高い化粧水で肌の奥までたっぷりのうるおいを届け、みずみずしい肌をつくることが重要です。

3.うるおいをキープする
せっかく化粧水でうるおいを浸透させても、うるおいを持続できなくては、乾燥は防げません。

乾燥しやすい季節は特に、保湿成分が高濃度配合されたゲルやクリームなどをたっぷり使用して保湿しましょう。

お肌の乾燥対策を忘れずに

いかがでしたか?これからの時期は天気予報と合わせて、湿度の情報も要チェック。乾燥している日はお肌の乾燥対策を万全にして、綺麗な素肌を保ちたいものですね。

参考資料など

ドクターシーラボ公式HP:https://www.ci-labo.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
髪質を改善してなりたい私になろう♡自分でできる髪質改善法
脳科学メイクアップ Part.2 「眉&チーク編」
新春限定!ホテルの“エステ付き宿泊プラン”で極上のリラックスタイムを
キレイの引き上げに欠かせない「朝ごはん」にまつわる美賢者の習慣を公開!
「寝癖直しウォーター」の使い方をマスターして厄介な寝癖を解決!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加