不調レアルにジダンは覚悟を語る、「いつかこの仕事の結果を見ることができる」

不調レアルにジダンは覚悟を語る、「いつかこの仕事の結果を見ることができる」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/01/11
No image

[1.10 コパ・デル・レイ5回戦第2戦 R・マドリー 2-2 ヌマンシア]

コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)は10日、5回戦第2戦が行われ、レアル・マドリーはホームでヌマンシア(2部)と対戦。2-2のドローに終わったものの、第1戦を3-0で勝利したレアルが2戦合計5-2で準々決勝進出を決めた。

準々決勝に駒を進めたレアルだが、格下2部相手にホームでドローとなった。レアルはリーグ戦でも9勝3敗5分と勝ち切れない試合が続き、首位バルセロナと勝ち点16差も離されて4位に甘んじている。不調続きのチーム状況に、ジネディーヌ・ジダン監督は9日の練習前に監督就任後最長となる30分のミーティングを行ったものの、結果は改善されなかった。

試合後、ジダン監督はサブメンバーが多く出場した今試合を振り返った。11日、クラブ公式サイトが伝えている。「出場機会の少ない選手達にとって簡単な試合ではなかった。良い試合をしたが、最後フィジカルの部分で足りないものがあった」と不安要素に言及。さらに「残念なのはハーフタイムと終了前の失点。それ以外ではとても良い試合をした」とサブ組の健闘をねぎらいつつも、課題を指摘した。

昨季までの好調さから緩やかに訪れた不調の波。昨年に2020年までの契約延長をしているジダン監督だが、その去就についても不透明になってきている。今後についてジダン監督は「自分のスタンスはいつもと変わらない」と口にし、「1試合1試合、1年1年だ。2、3年先のことは考えられない。なぜならサッカーはそういうものだ。契約があることは何も保証するものではない」と不調の行く末を受け入れている。そして、改めて覚悟を語った。

「いつだって自分たちは批判を受けるが、自分たちはその流れを変えるサッカーを見せていく。引き分けは良いものではないが、自分たちはポジティブな形でサッカーへ取り組み続けていく。いつかこの仕事の結果を見ることができる」。

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

●コパ・デル・レイ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
原口元気、ヘルタと契約延長も?「移籍実現しなければ残ることになる」と独紙
サンチェスのマンU移籍の鍵を握る選手とは? 代理人が「彼の決断次第」
香川参加の慈善活動メンバーに脚光 伊紙も豪華陣容を絶賛「単なる好チームではない」
CR7 マドリー残留の条件
平昌五輪ボランティアで一躍有名になった元モデルの女性、その正体に韓国ネットが激怒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加