ドジャースが大谷と交渉、ロバーツ監督ら出席 米報道

ドジャースが大谷と交渉、ロバーツ監督ら出席 米報道

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

ロバーツ監督(右)(2017年8月10日撮影)

ポスティングシステムでの米大リーグ移籍を目指す日本ハムの大谷翔平投手(23)が、ドジャースと4日に交渉を行ったと、米メディアが5日報じた。

ドジャースは前田が所属し、今季途中にはダルビッシュもトレードで移籍して29年ぶりにワールドシリーズに進出した。レギュラーシーズンでは30球団最多の104勝を挙げてナ・リーグ西地区5連覇。潤沢な資金力で「歴代で最も完成されている」といわれた巨大戦力を整えたが、悲願の世界一に向けて大谷の獲得を狙っている。

母親が日本人で沖縄生まれのロバーツ監督や、大谷の二刀流に理解を示しているフリードマン編成部長、ザイディGMらが出席して熱意を伝えたとみられる。

大谷の交渉は7球団に絞っているとされ、4日にはNBCスポーツ(電子版)がジャイアンツが大谷側と初めて接触し、交渉したと報じていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
古田敦也氏、契約更改の交渉術明かす「後にやった方が得」新人王の年俸が低かった訳
2年総額8億円で獲得!「巨人ゲレーロ」に託された重要な役割とは?
大谷、栗山監督との“Xmas対決”で別れ ファンに移籍報告
大物選手が対象となったケースも...パの「人的補償による移籍」を振り返る
日本一確率100%? ロッテドラ1・安田尚憲の進む道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加