楽天嶋と銀次「野球で元気を」岩手台風被害地を慰問

楽天嶋と銀次「野球で元気を」岩手台風被害地を慰問

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/12/01
No image

台風の影響で甚大な被害を受けた楽天イーグルス・岩泉球場を背にインタビューを受ける楽天嶋(左)と銀次(撮影・栗田尚樹)

楽天嶋基宏捕手(31)銀次内野手(28)が1日、8月に起きた台風10号の被害を受けた岩手・岩泉を慰問した。

岩泉小学校や役場などを訪問し、交流を深めた。同地域にある「楽天イーグルス・岩泉球場」は、甚大な被害を受けており、修復が間に合っていない状況。2人は、壊れたままのフェンスや、荒れたグラウンドを目の当たりにし、言葉を詰まらせた。嶋は「僕たちの仕事は野球。野球で、みなさんを元気づける、勇気づけることをしないといけない」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前田健太、古巣・広島で「イヌ殺処分ゼロ」トークイベント
大谷翔平が来オフにMLB行きを決断したらどうなる? 米メディアが解説
「神ってる」のは大谷翔平より松坂大輔!不条理な年俸格差に野球ファンがぶ然
日本ハム大谷、MLB25歳ルール適用「関係ない」
日本ハム大谷「僕には関係ない」MLB25歳ルール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加