AMDとQualcommが協業 - Ryzen MobileとLTEモデムを合わせてノートPCに

AMDとQualcommが協業 - Ryzen MobileとLTEモデムを合わせてノートPCに

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/06
No image

AMDとQualcommは12月5日(米国時間)、Ryzen Mobileを搭載したシステムでSnapdragon LTEモデムをサポートすると発表した。常時接続を前提としたAlways Connected PCの開発において、両社で検証を行い、ソリューションを提供する。

Ryzen Mobile(開発コード名:Raven Ridge)は、AMDが2017年10月に発表したノートPC向けのプロセッサ。Zenアーキテクチャを採用したCPUコアと、VegaアーキテクチャベースのGPUを統合した製品で、ハイパフォーマンスな薄型ノートPCの市場を狙う。AcerやHP、レノボが搭載製品の投入を予定している。

今回の発表では、Ryzen MobileプラットフォームでQualcommのGigabit LTE対応のSnapdragon LTEモデムをサポート。Microsoftが推進するインターネットへの常時接続を前提とした「Always Connected PC」向けのリファレンスデザインとして、OEMに提供するという。

Always Connected PCについては、Intelが取り組みを表明するほか、QualcommもASUSやHP、LenovoからSnapdragon 835搭載製品が投入されるとアナウンスしている。AMDとQualcommの協業により、Always Connected PCに新たな選択肢が加わることとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】現役NASA宇宙飛行士「月に行く技術はもうない、不可能」と爆弾証言! 有人月面探査の真実とは?
DMM.com、「スター・ウォーズ」ファースト・オーダー ストームトルーパーのロボットの受注を開始
ラグジュアリーな時計が日々の生活をトラッキング。Nokia「Steel」限定モデル
ギズモード・ジャパン読者がもっとも購入した生活家電ランキング:2017年11月
スマートスピーカーを安易にプレゼントしないほうが良い理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加