お母さんがいないの。生まれたばかりの子猫寂しさを埋めてくれたのは世話上手なおばあさん猫だった(カナダ)

お母さんがいないの。生まれたばかりの子猫寂しさを埋めてくれたのは世話上手なおばあさん猫だった(カナダ)

  • カラパイア
  • 更新日:2017/11/17
No image

カナダのモントリオールの路地裏で生後3週間ほどの小さな子猫が鳴き声をあげていた。悲痛な鳴き声をあげている小猫が求めているのは母猫だろう。しかし周囲にそれらしき猫はいなかった。

子猫は泥だらけで痩せこけ、草むらに落ちている小さな毛玉のようだったという。

No image

imege credit:FaceBook

道端でか細い声で鳴いていた子猫を発見

か細い声で鳴いていたこの子猫は、たまたま通りがかった心優しい女性により発見された。「どうやら母猫はいないらしい。このままではこの子猫は危ない」、そう考えた女性は子猫を、地元の保護団体「Chatons Orphelins Montreal」に届けた。

No image

imege credit:FaceBook

ミルクをゴクゴク。生きる力に満ちていた子猫

職員たちにより小猫はあたたかなお風呂に入れられ、やさしくタオルで包まれた。ボロボロの状態で汚かった体もすっかりきれいになった。

「どうやらとてもお腹を空かせていたようで、ミルクを哺乳瓶に入れて持ってきた途端、必死に飲み始めました。」とスタッフの一人は語った。

子猫は、パスティルと名付けられた。あんな状況で母親もいないのに、たった1匹で生き延びていたその生命力は目を見張るものがある。

パスティルは毛布にくるまってお昼寝するのがお気に入りとなった。体もきれいになりお腹も満たされ、あたたかな寝床も得たパスティルが最後にもうひとつ求めたもの、それは愛情だった。

No image

imege credit:FaceBook

仮の里親の家にいた育児ベテランのシニア猫

パスティルは一旦預かってくれるという仮の里親の元に行くことになった。そこでは思わぬうれしい出会いが待っていた。

この家には16才になるシニア猫マーシャさんがいる。マーシャさんはパスティルをすぐに愛情をもって受け入れた。

この家では保護された猫を一時的に預かるボランティア活動をしている。マーシャさんは、家に新しく猫が迎えられるたび新入り子猫の世話を焼き、可愛がってくれるみんなのグランマ的な存在なんだそうだ。

マーシャさんはパスティルの毛づくろいをはじめた。そして抱っこしたり鼻をつけたり、とにかく愛おしい様子で可愛がり始めたそうだ。

No image

imege credit:FaceBook

パスティルもまた、優しいマーシャさんの愛情がうれしく、幸せを感じている様子だったという。母親の姿を重ねていたのかもしれない。マーシャさんの後ろを追いかけたり、甘えたようにくっついて眠るようになった。

No image

imege credit:FaceBook

マーシャさんとパスティルは2匹とも灰色と白の似た毛並をしていて、まるで本物のおばあちゃんと孫のようなんだとか。

No image

imege credit:FaceBook

マーシャさんに守られながら猫業を学習中のパスティル

マーシャさんが大好きなパスティルは、マーシャさんがお昼寝していると無理やり乗っかって一緒にお昼寝してしまう。

マーシャさんは、パスティルの周囲に危険なことがないか、しっかり見守っている。生まれて間もなく母猫と離れたパスティルにとって、初めて誰かに守られ、愛されていると感じられる相手だったろう。

No image

imege credit:FaceBook

パスティルは、大先輩マーシャさんの一挙一動を真似ることで、猫として生きるために大切なことを日々勉強している様子だ。

やんちゃ盛りのパスティルの毛づくろいだって、忍耐深い百戦錬磨のマーシャさんはしっかりやってくれちゃうのだ。

No image

imege credit:FaceBook

そして現在、生後5週間となったパスティルは自分でボウルからお水を飲めるようになった。順調にパスティルが成長すれば、まもなく飼い主募集を開始するとのことだ。

No image

imege credit:FaceBook

「パスティルはやんちゃで好奇心旺盛で、日々家の中を冒険しているみたいです。私たちが思いもよらないところから現れたりするんですよ!」と仮里親の家族は語った。

徐々に立派な猫らしく、飛んだり跳ねたりするようになってきたそうだ。もちろんこれもマーシャさんの教育あってのことだろう。

No image

imege credit:FaceBook

育児のベテランマーシャさんと心優しい里親一家の元、パスティルの猫修行は今後ももう少し続いていく。マーシャさんに教わった信頼と愛情はパスティルの中にしっかりと育まれている。

マーシャさんと離れてしまうのは寂しいかもしれないが、一生面倒を見てくれるやさしい本当の里親が見つかるといいね。

via:Love Meow/Facebook/などtranslated by kokarimushi / edited by parumo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

猫カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
猫がフルーツタルトの具に?! フルーツタルト形猫用クッション
ネコがマッサージクッションに出会ったら...?
【ぬくぬくニャ〜♡】寒い冬の暖のとり方が独特なニャンコ。“変わったポーズ” が話題に...(゚д゚)!
「ああーお風呂場はいけませーん!」 お風呂に連れて行かれるのを察した猫ちゃんの抵抗する表情が必死
『ナデナデしてニャ♡』飼い主さんに構ってほしい! ゴロゴロしながらおねだりする猫が...(* ́Д`)

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加