「漫画村」運営者の星野ロミ、フィリピンの空港で拘束

「漫画村」運営者の星野ロミ、フィリピンの空港で拘束

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2019/07/12

違法アップロードされた漫画などを掲載していた海賊版Webサイト「漫画村」の運営者とみられる星野ロミさんが、フィリピン・マニラのニノイアキノ国際空港で拘束されたと複数の現地メディアが報じた(外部リンク)。

【画像をもっと見る】

被害額はおよそ3200億円にのぼるといわれる「漫画村」。現地メディアによれば、運営者の拘束にはマニラの日本大使館からの要請があったという。

星野容疑者は現在、フィリピンのタギッグ市の移民局拘禁施設に身柄が移され、強制送還される見通しとの報道があるが、メディアによっては「日本・イスラエル・ドイツの三重国籍」や「日系ドイツ人」といった報道もあり、今後の動向が注視されている。

Bureau of Immigration says it has arrested on Sunday a Japanese-German-Israeli fugitive wanted by Japanese authorities for infringement of copyright law. Romi Hoshino, 28, was reportedly the manager of “Manga-Mura”, an illegal viewing website of Japanese cartoons. | @mikenavallo
— ABS-CBN News (@ABSCBNNews)
2019年7月9日
from Twitter

日本の社会と政府まで巻き込んだ漫画村

漫画村は2016年から2018年にかけて「登録不要で完全無料な」漫画サイトとして、違法にアップロードされた漫画などを公開していたWebサイト。

口コミで利用者を急激に伸ばし、影響規模の大きさから社会問題として大きな話題になっていた。2018年4月11日前後からサイトに接続できなくなり、17日に完全に閉鎖された。

政府の知的財産戦略本部によって進められていた海賊版サイトへのアクセス遮断を促す会議では、対象のサイトとして「Anitube」「Miomio」とともに名指しされている。

NTTグループではその後、「サイトブロッキングに関する法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置」として、海賊版3サイトに対するブロッキングを実施している。

一方で、こうしたサイトブロッキングの議論では「通信の秘密」や「知る権利」の抵触・阻害などの観点から、有識者などから反対声明も多数上がっており、結果的に法制化は見送られている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「わいせつ動画配信」で兵庫県の男女を逮捕 摘発が続く理由とは...
中学教師が酒気帯び運転 防犯カメラに映っていた衝撃の行動とは...
性別不明の黒ビキニ ダッシュで追跡!愛知県岡崎市
手足口病、過去最悪の流行
加藤浩次が吉本東京本部到着、大崎会長と会談開始か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加