【ヒューマン】中山秀征50歳、トップスターに学んださりげない粋

【ヒューマン】中山秀征50歳、トップスターに学んださりげない粋

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

7月31日に50歳を迎えたタレント、中山秀征。バラエティーや情報番組で活躍する名司会者は、節目を機に23年ぶりに歌手活動を再開。昭和歌謡カバーアルバム「50(フィフティ)」で渋い歌声を披露している。故郷の群馬から15歳で上京し、芸能界に飛び込んで35年になるが、「想像していた50歳が持つ貫禄とは違う。僕なんてまだまだ」と謙遜。息の長い活躍には大先輩の教えがあった。(ペン・小山理絵、カメラ・戸加里真司)

「50歳になって大きな変化は、たばこを電子たばこにしたことです。物足りないですよ。やめてないんだから、往生際が悪いですけどね」

禁煙したいが、踏ん切りがつかないという本音を打ち明けて笑った。若々しいが、50歳。体のことが気になる年代だ。

「50歳はもっと貫禄があると思っていた。憧れの石原裕次郎さんが代表作『太陽にほえろ!』に主演したのは30代。成し遂げ方が違う。僕なんて、まだまだです」

節目を機に、2日に発売した記念アルバム「50」では昭和歌謡5曲のカバーに挑戦。収録曲「夢芝居」(梅沢富美男、1982年)は、16歳の頃、現所属事務所のオーディションを受験したときに歌った。当時、下宿先だった三畳間でラジカセに録音。実家からの仕送りでやりくりしていた頃で、「無駄遣いしないように、1日1食、ラーメンと餃子とチャーハンのセットばかり食べていたら、栄養失調になった。でも、夢と希望に満ちあふれていました」と懐かしんだ。

先に仕事が決まっていく同期の姿に焦りながら、チャンスを待った。90年代からは日本テレビ系「DAISUKI!」や「THE夜もヒッパレ」など多くのバラエティーで全国区に。現在は同局系情報番組「シューイチ」(日曜前7・30)などでMCを務める。

どんな人とも打ち解けることができ、親しみやすいキャラクターは不変。出演番組でゲストを迎える際は「わが家に呼ぶのと一緒」とおもてなしの大切さを説く。

息の長い活躍の理由は「どんなときでも態度を変えないこと」。少年時代に祖母から「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と謙虚でいることの大切さを説かれた。「少し売れると態度が変わり、落ちていく人をたくさん見た。僕は後輩に教えられることは特にないですが、やめなかったから、チャンスが回ってきたんだと思います」

目の当たりにしたスター伝説も“教科書”だ。歌番組で一緒に司会を務めたフリーアナウンサーの徳光和夫(76)は、内緒で中山との連名で出演者に感謝の手紙を書いていた。番組にゲスト出演した俳優の渡哲也(75)は、中山の名前で大福300個をテレビ局に差し入れた。タレントの志村けん(67)と待ち合わせをすると、30分前に到着しても必ず先に志村がおり、「遅刻して『すみません』で1日を始めたくないだろ」と言った。

「トップスターから粋さ、人としてどうあるべきかを学ばせていただいている。一流は振る舞いも一流。それも“やっていますよ”ではなく、“さりげなく”です」

家庭では4児の父。98年に結婚した元宝塚歌劇団娘役トップの妻、白城あやか(49)との間に大学1年の長男(18)、中学2年の次男(14)、小学6年の三男(12)、小学5年の四男(10)がおり、全員が野球少年だ。

毎週末、一般の父母と一緒に息子の野球チームの練習を手伝っている。 「球拾いしたり、審判をやっています。炎天下で審判やるのはつらいですよ!」と日焼けした腕を見せて笑った。

子供にしていることは、両親からしてもらったこと。昨年8月に母、今年1月に父を亡くし、「いなくなって初めて、支えられていたと感じる。今度は僕が子供たちを支える番です」。

人生の宿命を感じながら、50歳からは「原点回帰」として奮闘。小学1年から続ける書道では、個展の開催を目指す。公私ともに充実期。勉強と挑戦の日々は続く。

★「宝塚仕込み」の子育て術

妻の白城は、歌、ダンス、芝居、美貌を兼ね備えた宝塚の伝説の娘役で「結婚当時、週刊誌に『平民とお姫様の結婚』とボロクソに書かれました」と苦笑い。

上下関係と規律が厳しい世界にいた妻は息子たちをしっかりしつけているといい、「野球の練習がつらいときは『大丈夫?』ではなく『つらい? 好きなことやってるんだよね?』と諭します」と宝塚仕込みの子育ての一端を告白。どちらかが息子を叱るときは割って入らないのがルールだ。夫婦円満の秘訣には「お互いを干渉せず、尊重し合うこと」と明かした。

中山 秀征(なかやま・ひでゆき)

1967年(昭和42)年7月31日生まれ、50歳。群馬県藤岡市出身。児童劇団を経て、1985年、フジテレビ系「いただきます」でデビューし、多数のバラエティーに出演して人気に。俳優として、フジ系「東京ラブストーリー」や日テレ系「静かなるドン」などに出演。現在、日テレ系「シューイチ」、フジ系「ウチくる!?」(日曜正午)でMCを担当。1メートル73。9月9日には東京・恵比寿のザ・ガーデンルームで23年ぶりにコンサートを開く。

No image

アルバム「50」収録曲

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
海老蔵ファミリーとハワイ滞在中の小林麻耶の写真が麻央さんに激似と話題!
もやし一本残すな!有吉ゼミの無茶な「大食い企画」に批判の声
指原莉乃が下着の色明かす「派手なのは...」
小林麻耶、「麻央さんに似てきた」に「嬉しい」――海老蔵関係者から「熱愛発展」「再婚」望む声も
西内まりやが恋人と同棲し「音信不通」で芸能界引退へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加