チーム能見の挑戦、梅野は「最後の1点守り勝つ」、岩貞は「10勝」掲げる

チーム能見の挑戦、梅野は「最後の1点守り勝つ」、岩貞は「10勝」掲げる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/18
No image

ノックを受け軽快な動きを見せる阪神・能見篤史=宜野座(撮影・田中太一)

新選手会長に就任した阪神の梅野隆太郎捕手(26)が、14日、沖縄・宜野座村で自主トレを公開した。

毎年、恒例となった能見篤史投手(38)らとの合同トレ。午前中からキャッチボールやノック、午後からは入念な走り込みと連日ハードなトレーニングに励む。昨季は自己最多の112試合に出場。シーズン2位に大きく貢献した。「1年を通して見えた課題を克服していく」と、経験を糧に汗を流している。

テーマは打力の向上と、盗塁阻止のさらなる精度アップ。今年の漢字に「勝」を挙げて、チームスローガンでのある執念を前面に「1球の執念。捕手として最後の1点を守り勝つことが大事。開幕から最後まで優勝争いができるように。個人としてはキャリアハイ。優勝、日本一を勝ち取りたい」と抱負を語った。

また、昨季5勝(10敗)に終わった岩貞祐太投手(26)も「まずはローテーションに入ること。そこをクリアして優勝してみたい。そのためにも10勝以上を目標にやっていく」と気合十分。6年目を迎えた緒方凌介外野手(27)は「ラストチャンス。今年がダメなら後がない気持ちで臨んでいます。危機感しかない。どんな形でも執念を持って食らいついていきたい」と前を向いた。

この日はおそろいのTシャツを着てトレーニングを行った。“チーム能見”として一丸で、13年ぶりの優勝に貢献する覚悟だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
輝け!新鮮力=プロ野球、注目の5新人
2018ドラフト候補の大学生投手5人。ジャパン合宿で見たら凄かった
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
大幅戦力入れ替えの鍵を握る新外国人4選手...2018年日本ハムの助っ人陣容
鷹・千賀、“金腕”上野の助言でさらに飛躍!3連投で全力80球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加