昭和シェル、国内向け原油処理量3.7%減 10-12月期

昭和シェル、国内向け原油処理量3.7%減 10-12月期

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

昭和シェル石油は10月19日、グループ4製油所の2016年第4四半期(10~12月)の国内向け原油処理量を、前年同期比3.7%減の685万4000キロリットルに減産すると発表した。

原油処理計画は、国内需要動向に対応しながら、適正在庫を維持し、必要に応じて国内市場での製品調達も選択肢に入れ、石油製品の安定供給を実現するもの。なお、海外向け原油処理量は、海外製品市況動向を踏まえ、随時決定する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
【コンチネンタル技術説明会】旋回中でも安定をキープ...ABSの有効性を身をもって体験
カジノを合法化してパチンコに課税せよ
OPEC減産合意は効き目なし?突如「伏兵」現わる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加