白鵬、かち上げ・張り手は使わず薄氷勝利 阿武咲の出足に土俵際で逆転

白鵬、かち上げ・張り手は使わず薄氷勝利 阿武咲の出足に土俵際で逆転

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/17
No image

白鵬が突き落としで阿武咲(左)を下す=両国国技館(撮影・堀内翔)

「大相撲初場所・初日」(14日、両国国技館)

横綱審議委員会からかち上げ、張り手などの取り口について批判を受けていた横綱白鵬(宮城野)が阿武咲(阿武松)と対戦し、突き落としで勝利した。立ち合いはどちらも用いなかったが、相手の圧力に一気に土俵際まで運ばれるヒヤリとする内容だった。

注目された立ち合いは右を差し、左上手を狙おうとしたのが見てとれたが、それ以上に相手の出足が鋭く防戦に。しかし、土俵際で体を開きながらの突き落としで相手を土俵外へ追いやり、白星を拾った。

時間にして数秒の一瞬の決着だった。取組後、館内には観衆のざわめきやため息が残った。

2日目は白鵬が逸ノ城と、阿武咲は豪栄道と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稀勢の里3敗目、質問にも「うーん」答えままならず
すぐに腰高、寂しい3敗=稀勢の里、また窮地-大相撲初場所
豪栄道、納得の4連勝=大相撲初場所
白鵬「狙いどうこうもない。いいところがない」 5日目は「やってみないとわからない」/初場所
波乱!稀勢の里3敗、白鵬2敗、鶴竜4連勝 初場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加