西武・森先発が憧れ!大阪桐蔭・福井 会心一発「いいスタート」

西武・森先発が憧れ!大阪桐蔭・福井 会心一発「いいスタート」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

◇第99回全国高校野球選手権第4日・1回戦 大阪桐蔭8―1米子松蔭(2017年8月11日 甲子園)

No image

<大阪桐蔭・米子松蔭>初回1死、大阪桐蔭・福井が先制弾を放つ

史上初となる2度目の春夏連覇へ、大阪桐蔭が最高のスタートを切った。初回1死で福井主将が2球目のスライダーをフルスイングで仕留めた。高々と上がった打球は右翼ポール際へ吸い込まれた。

「いいスタートが切れました。投手を中心に守ることができた。合格点かなと思う」

春夏連覇した12年の捕手・森(西武)が憧れだ。背格好や打撃フォームもそっくりで、ソロを含む3安打の固め打ちだ。13年夏の初戦で本塁打を放った森から、聖地では5年連続の主将弾となったが、「森さんのように活躍したい」と目を輝かせる。

スタンドで森とバッテリーを組んだOBの藤浪(阪神)が観戦する中、捕手としても先発・徳山を7回2安打1失点とリードで引っ張った。センバツを制した春と同じく、部員は夏も宿舎で両親に手紙を書いた。福井は「支えてくれて感謝しています。思いきってやります」と記した。「大会中の成長の幅が大きいチームが日本一になると思う」。ナインを束ねる主将は、もう一度気を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
明徳・馬淵監督50勝王手/16日高校野球見どころ
聖光・小泉 いとこの瀬川と一緒に甲子園出場するため東京から留学
明徳義塾・馬淵監督、50勝で選手に焼き肉!西浦「自分のバットで」
聖心ウルスラ 聖光学院との“同宿聖戦”順延...続くピリピリムード
元KAT―TUN田中聖 甲子園で弟・彗に声援「頑張れー」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加